ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東京に憧れる人が多い都道府県 1位は意外にもお隣さん

東京に憧れる人が多い都道府県 1位は意外にもお隣さん

酒席や雑談で「県民性」が話のネタになることがあるが、その土地に住んでいる本人からすると「○○県にはこんな人が多い」と言われてもなかなかピンとこないところがある。

「県民性」とは、他県と比較して初めて浮き彫りになる。他県民の「県民性」に目を向けてみると、自分の県民性に納得がいくかもしれない。

『47都道府県格差』(木原誠太郎著、幻冬舎刊)は、さまざまなデータから都道府県の格差が示されているが、単なる数量的なデータだけではなく、性格診断ツールを用いて「県民性」を検証に取り入れている点がおもしろい。

本書のメインテーマは「都道府県の格差」なのだが、あえて「県民性」に焦点を当てて紹介してみよう。

■どの県がライバル?関東圏のライバル事情!

各都道府県には、それぞれの地方で「好意的に感じている県」と「ライバル視している県」がある。

関東圏では、その相関図がおもしろい。

埼玉県は「東京、東京の人が好き」という割合が75.8%で全国2位(全国平均は64.8%)だという。

1位は東京なので「東京に憧れる県」は、意外にも隣接する埼玉県ということだ。

そんな埼玉県民にライバル県を聞くと、圧倒的多数で「千葉県」が挙がるという。

「千葉県」がライバル視するのは「埼玉県」と「神奈川県」。

しかし、神奈川県民は千葉県を意識していない。神奈川県民がライバル視するのは「東京都」だ。

ところで、神奈川県民はちょっとひねくれているともいえる。

神奈川県民は、東京をライバル視する一方、76.5%が「東京が好き」と答えているのだ。

これは埼玉に次ぐ全国3位の数字だ。神奈川県民にとって、東京は「強敵」と書いて「とも」と呼べる存在なのかもしれない。

■「郷土愛」が一番強い県はどこ?

「上京してもやっぱり地元が好き」「地元を離れたくない」という人は多いだろう。そんな「郷土愛」が一番強い都道府県はどこだろうか?

そこで、本書から「郷土愛」の強さを示すデータを見てみよう。

まず、「岩手県」には他県にない特徴がある。

「岩手県といえば?」と聞くと、「盛岡冷麺」「わんこそば」「じゃじゃ麺」など、具体的な食べ物が並ぶのは、岩手県民だけなのだという。

迷いなく答えられるのは、強い「郷土愛」によるものと言えるのではないか。

直接的なデータだと、「静岡県」の男性は92.1%が「故郷が好き」と答えており、全国トップの比率だ。男女ともに「故郷が好き」と回答した比率で言えば、全国トップは91.5%の「鹿児島県」。2位は91.0%の「沖縄県」となる。

しかし、「愛知県」も負けてはいない。「故郷でずっと生活したい。戻って生活したい」と答えた愛知県民は75.6%で全国1位。2位は「富山県」になっている。

一口に「郷土愛」と言っても、その示し方は無数にある。愛は数字では語れないということだろう。

■幸せな都道府県はどこ?

著者は、本書で「都道府県の格差」を示した上で、「どの都道府県に住むのが幸せか?」を考えるのに役立てて欲しいと述べている。

何をもって「幸せ」とするかは人によって違うと思うが、「幸せ」と切っても切れない関係なのが「お金」だろう。

平均年収額の全国トップは「東京都」がダントツだが、同時に物価と家賃ではワースト1位だ。

物価が安いのは「群馬県」「宮崎県」「鹿児島県」。家賃の安さでは「青森県」「北海道」「宮崎県」だ。

どちらも「宮崎県」がランクインしているが、平均年収額は全国44位と低い。そこには宮崎県の県民性が影響しているようだ。

宮崎県民は「自分が浪費家である」という回答で全国トップ。「無駄遣いをしない」という質問に「いいえ」と答えた人も全国平均を下回っており、男女ともに金遣いが荒い傾向があるようだ。

他の視点で見ると健康寿命が長いのは「山梨県」。「結婚して幸せだと思うことが多い」という男性が多いのは「新潟県」や「長崎県」。仕事満足度の高いのは「石川県」などが挙げられる。

その角度から見るかで「幸せな都道府県県」は変わるだろう。

本書の最後には、「暮らしやすさの総合ポイント」によるランキングが紹介されている。自分の暮らす都道府県がどんな順位なのかは、本書を手にとって確認してほしい。

(ライター:大村 佑介)

【関連記事】

元記事はこちら

部下の長時間労働で管理職が罰金? 「5時に帰るドイツ人」の労働環境

なぜ、お月見といえば「お団子」と「ススキ」なの?

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。