使わなくなったスマホを自宅のセキュリティアラームに変えてくれる「globio #Jacky」

access_time create folderデジタル・IT
使わなくなったスマホの使い道に困る人は多いはず。人に譲るというのも手だが、ぜひふたたび自宅で活躍してもらいたいもの。

ドイツで生まれたセンサー「globio #Jacky」は、その用途にはピッタリのシンプルなアイテムだ。

・扉の開閉を察知してスマホに通知を

globio #Jackyは、マグネットセンサーとなっており、マグネット同士が離れたことを察知するとアクションを発動させるというシンプルなものだ。このセンサーに、使わなくなったスマホやタブレットをヘッドホンジャックで繋ぎ、開閉した際の通知方法を設定しておく。

開閉したタイミングで、事前に専用アプリに登録しておいた番号に電話をかけたり、SMSを送ったり、メールを送ったり、アラーム音を鳴らしたりと、セキュリティシステムに姿を変える。

・セットアップも簡単

本体自体はとても小さく、どこにでも取り付けられる。両面テープかネジを使ってセットアップできるため、扉だけではなく、開けられたくない引き出しなどに取り付けてもよいだろう。

ただ、接続するスマホのバッテリーの電力を常に確保しておかなければいけない(近くにコンセントが必要)のと、SMSや電話機能を使うにはそのスマホに有効なSIMカードが必要となるはずだ。今後、LINEやFacebook MessengerというようなアプリのVoIPコールにも対応してもらえると汎用性は上がるだろう。

値段は今ならKickstarterにて12ユーロ(約1600円)で、キャンペーンは2017年12月23日まで実施されている。本格的なセキュリティシステムを導入する前に、気軽に試すことができるという点ではなかなか便利なアイテムかもしれない。

執筆:Doga

globio #Jacky/Kickstarter

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧