体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

DIYer御用達のカフェ「Devo Pre(デボレー)」東京店にお邪魔してきました

DIYer御用達のカフェ「Devo Pre(デボレー)」東京店にお邪魔してきました

東京と大阪にお店を構える「Devo Pre(デボレー)」。まだオープンして1年未満ながら、DIYerたちの間でも話題なんです。でもそれってどうして? そもそも、DIYカフェってなに?? そんな多くの疑問を解決すべく、編集部は東京店におじゃましてきました。

“食”と“DIY”の異業種をMIX? 新しいコンセプトショップがスタート

東京メトロ茅場町駅より徒歩約5分。古いビルが立ち並ぶオフィス街の中、小道を入るとおしゃれな青い外観のお店が見えてきました。


隠れ家のようにひっそりと佇む「Devo Pre(デボレー)」。素敵な外装に期待が高まりつつ、中におじゃまします。

 

迎えてくださったのは代表の東やよいさん(中央)、スタッフの坂戸友紀さん(左)と小貫俊輔さん(右)。
坂戸さんと小貫さんはカフェに立っていらっしゃいましたが、二人ともスゴ腕のDIY師なのだとか。ひとまず、お店について伺いましょう。

 
――早速ですが、デボレーはどんなお店ですか?

東さん(以下、東)「弊社ビビッド ヴアンでは、アメリカの塗料メーカー『オールドビレッジ社』の正規輸入代理店で、ペイントアイテムを始め、オリジナルのステンシルシートやDIYツールを企画、製造、販売を行っています。
そしてこの度、DIYをもっと身近に楽しんでもらえるように、食とDIYを融合させた新しいコンセプトショップ『デボレー』を東京と大阪にオープンさせました」

――それでオープンして間もないのに、DIYerさんたちからの認知度が驚くほど高かったんですね! でもなぜDIYと食なのでしょうか?

東「オールドビレッジには『バターミルクペイント』という、環境や健康に優しい塗料があるんです。そこで暮らしだけでなく生活に大切な食の部分でも健康に気を使い、みんなが幸せに元気でいられたらいいなと思い、DIYと食でプロデュースしようと考えたんですよ」

 

ショールームには輸入塗料やオリジナル商品がズラリ

お店に入ると通路を挟んで左右に部屋があります。右がDIY用品のショールーム、左がカフェと分かれていました。ショールームでは、大きな本棚やたくさんのペンキが目を引きます。

オールドビレッジ社のバターミルクペイントは、ミルクカゼインを主成分とした優しい自然塗料。
ほかにもオールクラックアップというアンティーク風に仕上がるペンキや、グーピーペイントという凹凸が生まれて漆喰調になる変わったペンキもあります。

オリジナルブランド「グラフィティーペイント」は35色のラインナップ。壁紙の上から塗れるものや、コンクリートやアスファルトの上から塗れるものなど用途もさまざま。

マスキングテープのようなカラフルな「YOJO TAPE」は、DIYをより楽しむためのアイディア商品。DIYerが集まる小屋女子計画と共同開発した養生テープだとか。
DIYはもちろん、水に強いためバスグッズなどのデコレーションにもOK。

大型のステンシルシートも珍しい!

 

お店のいたるところに、DIYのヒントが見つかる!

東「販売しているペンキを使って、お店自体もDIYをしているんです。実際に施工例を見られたらわかりやすいかなと。専門のスタッフもいるので、テクニックなどのアドバイスもできますよ」

確かに、実際の塗装を見ることができればイメージもわきやすいですよね。お店のDIYも見せていただきましょう!

外観の木の壁には紺色を塗っています。ディスプレイの中も、刷毛ムラをわざと出して味のあるペイントに。

1 2次のページ
Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。