体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お肌ツルツル♪ 信玄も家康も愛した濃厚温泉! 知る人ぞ知る静岡市の秘湯 1700年の歴史を持つ『梅ヶ島温泉郷』へ行ってみた

縦にも広いぞ!静岡市の奥“オクシズ”へ

静岡市は南北に広く、その距離実に83.1km。最北端が南アルプスに含まれることはあまり知られていません。今回は知る人ぞ知る静岡市の秘湯、梅ヶ島温泉郷へ行ってきました。

静岡駅から県道27号線、安倍街道と呼ばれる道路を北に30分ほど行くと、「ここが最後のコンビニです」の看板が。

このファミリーマートを最後に、この先はコンビニがありません。静岡駅周辺の市街地は大都会で、人口の約90%が密集していますが、面積としてはたったの20%。それ以外のエリアには、森林と山里の暮らしが広がっています。

梅ヶ島温泉郷とは、安倍川の上流(安倍奥)に位置する『梅ヶ島温泉』『梅ヶ島新田温泉』『梅ヶ島金山温泉』『コンヤ温泉』の総称。標高600m~1000mの山間に位置し、深山の懐に頂かれた静かな温泉地です。

先ほどのコンビニから30分位でたどり着くのが『真富士の里』。まだまだ先は長いので、道中の休憩がてら是非寄りたい場所。お手洗いが綺麗です。販売所もあり、地元の方が手作りしたみそまんじゅうやヨモギのきんつばなどが買えます。

できたてはホカホカ! 午後になると売り切れることもあるそう。女性の手のひらいっぱいのビッグサイズなので、軽食代わりにもなります。

絵に描いたような晴天と安倍川の清流、秋の野山が大変美しいですが、残念ながら筆者はすこし乗り物酔いをしてきました。うええ。

道がどんどん細くなるし、カーブも多くて揺れる! 対向車が来るとお互いに譲り合わなければならないシーンも増えます。

『真富士の里』から更に北へ走ること1時間。梅ヶ島温泉郷の新田地区にある『魚魚(とと)の里』に到着。ここではヤマメ釣りやつかみ取り、砂金採り体験などが楽しめます。

渓流釣りでは上級者向けのですが、ここでは釣り堀にいるので、子どもでも簡単に連れます。

筆者は釣り初挑戦。エサはミミズやゴカイではなく、練り餌なので安心です。よかった。なるべく薄く釣り針を覆うようにつけて、ぽちゃん。釣れるかな?

渓流の女王と言われる美しさとは裏腹に、ヤマメは獰猛な肉食魚で、時には共食いをすることもあるほど。激しくエサをつついてはくれるものの、かすめるように食べていくので、あっという間にエサだけがなくなっていきます。魚に優しい人間?

たとえ釣れなくても面白いのが釣りのいいところ。あんまりデキが悪いので、こちらのスタッフの近藤さんにお願いしたらものの2分位で釣れました。スゴイ! 1竿レンタル(エサ付き)は2000円で、最高4匹まで釣ることができます。

釣ったヤマメは自分でさばいて塩焼きにして食べられます。お手本を見せて頂きました。

まず、ヤマメの目を覆っておとなしくさせ(頭を軽く殴ってもOK)、肛門から喉元までハサミでかっ開き、肝を取り出す(食べたい人はザルに取っておく)。

1 2 3 4 5 6次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy