体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これで魅力度ワースト2位!? 徳島県の山海グルメを味わい尽くすレポート2日目

阿波踊りに大歩危、小歩危、鳴門の渦潮、吉野川……数多くの名物と長い歴史を持ちながら、『都道府県の魅力度ランキング2017』(ブランド総合研究所調べ)ではワースト2、2016年度『都道府県別延べ宿泊者数』(観光庁調べ)ではなんと最下位を記録してしまった徳島県

「そんなこと言ったって何か面白いものの一つや二つあるはず!」

中将タカノリが取材ツアーを決行した。

(1日目のレポート記事はこちら https://getnews.jp/archives/1969389)

1日目の終わりにけっこう大酒を飲んだわりにはスッキリ目覚めた僕は宍喰漁協市場へ。

宍喰漁港は一目で見渡せるくらいの小さなひなびた漁港だが、イワシ、太刀魚、伊勢海老、イカなどさまざまな海の幸が揚げられる。

僕が着いたのは朝8時頃だが、すでに多くの飲食業者、流通業者が競りに訪れていた。

もちろんだがどれもすべて新鮮で、特にイカは透き通るような美しさ。

昨日いただいた海鮮類があれほど美味しかったのは、こんなに豊かな海が間近にあるからなの改めて理解した。

宍喰漁協市場
※『ホテルリビエラししくい』に宿泊の方のみ競りに参加できます。
詳細はホテルにお問合せください。

【所在地】
徳島県海部郡海陽町宍喰浦正梶
【電話番号】
0884-76-3101
【ホームページ】
https://www.facebook.com/pg/shishikuigyokyo

ホテルをチェックアウトして次に向かったのは同じ海陽町宍喰の『in Between Blues』

かつて全日本学生サーフィン選手権で4連覇を達成したという永原レキさんが今年オープンしたばかりの藍染め工房兼カフェだ。

藍はかつて徳島県の主要産業だったが化学染料におされ衰退。しかし近年になってその安全性やリサイクル性、独特の色味が再評価され注目を集めているらしい。

こちらでは藍の種を炒って煮出したお茶に地元産の藻塩を使った藍色のマカロン、スコーンをいただいた。

藍のお茶はその昔、藍栽培農家が愛飲したもので解毒や解熱作用があり滋養強壮にも良いらしい。味わいも素朴でくせがなく飲みやすい。

同様に自然な優しいテイストのマカロンやスコーンと一緒にいただいていると、体の中がきれいになっていくような感覚に包まれた。

in Between Bluesでカフェのみではなく、こだわりの藍にちなんだ雑貨コーナーや藍染め体験コーナーも楽しめる。

特に藍染め体験コーナーは、自分で染めた手ぬぐいなどを記念に持ち帰ることができて人気らしい。

藍だけに、カップルや夫婦の愛を深めるはうってつけではないだろうか。

in Between Blues
【所在地】
徳島県海部郡海陽町宍喰浦松原216-3
【電話番号】
0884-70-1488
【営業時間】
月~木11:00~17:00
金~日9:00~17:00
【定休日】
火曜
【ホームページ】
http://inbetweenblues.jp/

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。