ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

FROGMANさんと“Flashアニメ放談” shockwave・CATMAN・弥栄堂・flash★bomb・おもしろフラッシュ倉庫……歴史を振り返り!

img_7771_

た~か~の~つ~め~! でおなじみの「秘密結社 鷹の爪」が、ヒーロー集団「ジャスティス・リーグ」とタッグを組んだ映画『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』。あのゆるいアニメが世界的なヒーロと同じ作品に?! と驚きを隠せない企画ですが、本当にやっちゃってるんです。

本作の監督・脚本・声優を務めたのは、もちろんFROGMAN氏。ヒーロー達の格好良さはそのままに、鷹の爪らしい時事ネタ含めたギャグセンス炸裂の見事なバランスはさすがです。

そんなFROGMANさんがある日ガジェット通信編集部に遊びに来たのですが、実は我がガジェット通信編集長・宮原氏、編集部のオサダ(wosa)氏、olo氏の3名がそれぞれFROGMANさんと仕事やらイベントやらでご一緒してきたというつながりがあるのです!

img_7794

というわけで、FROGMANさんをお招きしての“Flashアニメ同窓会”放談やっちゃいました。Flashアニメを作っていた人・見ていた人には懐かし必至の内容なので、ぜひご一読を。

【プロフィール】
FROGMAN:2002年よりFlashアニメで創作活動をスタート。『秘密結社 鷹の爪』が大ブレイクし、日本を代表するシュールアニメに。株式会社DLE所属。https://twitter.com/ono_ryo1 [リンク]

ガジェット通信編集長・宮原:元『shockwave.com(以下『ショックウェーブ』)』でプロデューサー。FROGMANさんが審査員賞を受賞した『shockwave.com AWARD 2004』の審査員だった。https://twitter.com/shnskm [リンク]

ガジェット通信編集部・オサダ:Flashアニメのイベント『flash★bomb』の運営を担当し、自身でもwosa名義でFlashアニメを制作。代表作は『うる☆8つら』『ドラゴソボール8』など。http://wozbox.tk/ [リンク]

未来検索ブラジルスタッフ・olo:「架空紙幣作家」として様々な作品を発表。Flashアニメ制作を経て現在では実写映像の制作も行っており、まるで実在するニュース番組のようなクオリティには定評がある。代表作は『テレビパン』。https://twitter.com/_olo_ [リンク]

作品の実績だけでDCとまで仕事した鷹の爪は凄い!

――今日は宜しくお願いします!

FROGMAN:ガジェット通信編集部の入り口にジム・リーさんのワンダーウーマンの絵がありますね。

宮原:うちの記者が取材で描いてもらって。

FROGMAN:本当にジム・リーの絵だ。すごい。売ったらいくらだ?!みたいな。

オサダ:あれに反応されたのFROGMANさんが初めてですよ。たぶんみんな分かってない(笑)。

s__16064517-1024x1366

▲これがFROGMANさんが反応してくれた、ジム・リーさんの絵だ!

DC鷹の爪

――まずは映画『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』についてなのですが。

宮原:とにかくびっくりですよ。なんですか、この企画は!

オサダ:ねえ!

FROGMAN:ねー。

宮原:2000年に『ショックウェーブ』の日本語サイト(jp.shockwave.com)ができたときに、アメリカのMacromediaが、すごいお金使ってマドンナにFlashのミュージックビデオ作らせたりとか、ティム・バートンにFlashアニメ作らせてたりとか、そんなことがあったんですけど。僕らプロデューサーが、日本のクリエーターさんに声かけるときは「あなたの作品が、『Stainboy(ステインボーイ)』の、ティム・バートン作品の隣に並びますよ」って、いう売り文句でコンテンツを作ってもらっていたわけです。でもFROGMANさんは作品と実績だけで、実際ワーナーとつながってDCと仕事しちゃうっていう、もうビックリですよ。

FROGMAN:そうなんですよ。2016年がちょうど『鷹の爪』10周年で、何か大きな事やりたいなって言ってて、国内外の色々なコンテンツに打診をしていました。それで全滅しまして。でも、ワーナーさんが唯一、話を聞かせてくれっておっしゃってくれて本国にも話してくれたんですね。そうしたら「やるんだったら、どういう物を作りたいか全く想像出来ないからパイロットフィルムを作って欲しい」と言われ、2015年の暮れから2016年の頭にかけて、7分間のデモを作って、見てもらってOKが出たんです。

1 2 3 4次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy