体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「好きなことを仕事に」という視点を捨てろーー“世界の紛争の最前線”で戦う26歳・永井陽右氏の仕事論

世界の紛争の最前線で戦う日本の若者がいる。永井陽右26歳。

大学1年時からソマリアを救うための団体を立ち上げ、ソマリア人の若者ギャングの社会復帰プロジェクトを開始。卒業後はソマリア紛争の最前線に立ち、国連やアフリカ連合とともに、「カウンターテロリズム」と「武装解除」に取り組んできた。現在はソマリアだけではなく、ケニア、ナイジェリア、新疆ウイグル自治区などでテロ根絶と紛争解決に尽力している。

なぜ彼は日本とは縁もゆかりもない紛争地のテロ根絶に命を賭けるのか。世界平和に懸ける思いとは──。これまでの人生を振り返りつつ永井氏を駆り立てるものに迫った。

f:id:k_kushida:20171102110011j:plain

【プロフィール】

永井陽右(ながい ようすけ)

1991年、神奈川県生まれ。高校卒業後、一浪して早稲田大学教育学部複合文化学科入学。1年生の時に「日本ソマリア青年機構」を創設。「学生だからできること」を標榜し、2013年、ソマリア人若者ギャングの社会復帰プロジェクト「Movement with Gangsters」を開始。これまで数多くのギャングを更生、社会復帰させてきた。大学卒業後はロンドン・スクール・オブ・エコノミクス修士課程入学し、紛争解決について学ぶ。2016年9月に卒業後はソマリア紛争の最前線に立ち、国連とアフリカ連合とともに、「カウンターテロリズム」と「武装解除」の2つの手法で、紛争の主要因となっているアルシャバーブの戦力をそぐ活動に従事。2017年4月、団体名を「NPO法人アクセプト・インターナショナル」に改称。テロ根絶と紛争解決に尽力している。若者のテロ組織への加入を食い止めるため、国連人間居住計画(UN-Habitat)のアーバン・ユース・ファンドのメンターとしても活動中。著書に『僕らはソマリアギャングと夢を語る─「テロリストではない未来」をつくる挑戦』(英治出版)、『ぼくは13歳、任務は自爆テロ。:テロと戦争をなくすために必要なこと』(合同出版)などがある。

NPO法人アクセプト・インターナショナル https://www.accept-international.org/

前回(第3回)では、ソマリアギャングを社会復帰させるプログラム「Movement with Gangsters」の進め方についてお伝えしました。今回は大学院在学中の活動のほか、危険な現場で活動する永井さんの死生観についてお伺いしました。

f:id:kashiemi:20171018132902j:plain

▲国連とも共に活動している永井氏。ソマリアにて

紛争の最前線でDDR

──その在学中に新しく始めたソマリアでの活動について教えてください。

ソマリアの首都モガディシュにある投降したアルシャバーブ兵士を収容する施設での、脱過激化と社会復帰支援です。アルシャバーブは国際テロ組織アルカイダ系のイスラム過激派で、内戦の主要因となっている武装組織です。2016年にはテロや襲撃で4281人を殺害し、“アフリカで最も危険なテロ組織”と呼ばれています。このアルシャバーブの戦力を人道的な手法で削ぐというプログラムで、またまだ貢献度は高くないですが、ピンポイントで脱過激化とその後の社会復帰を支援しています。

今まさにソマリアは激しい内戦の真っ最中で戦闘もテロも日常茶飯事なので、めちゃめちゃ危ないんですよ。こういう危ない地域で、若者の過激化の防止やテロ組織からの脱退促進をしなければならない。オペレーションに関して言えば、ケニアのイスリー地区よりもソマリアの方がとびきり難しい、かなり壮絶な現場です。

ここでいわゆるDDR(武装解除・動員解除・社会復帰)をしなくちゃいけないわけですが、これが非常に難しい。DDRは非常に重要な平和構築手法ですが、従来のDDRは基本的に紛争中じゃなくて紛争後に行われるものです。一般的なDDRというのは、(1)和平合意があり、(2)最低限のセキュリティがあり、(3)政治的な意思がある、という環境で行われるもので、これら全部をクリアしていないと原則として実施されないわけです。

ソマリアはというと、和平合意なんてものはないし、セキュリティ的にも今も地球上で最も危険な場所の1つ。内戦中なので政治的な意思統一なんて望むべくもない。こういう状況の中でDDRを実施するとなっても非常に難しいわけです。そもそもこれはDDRなのか? という根本的な問いもあります。国連はDDRしかソリューションをもっていないからとりあえずDDRと言うしかないと。

毎日のように襲撃や自爆テロなどが行われている最中に、アルシャバーブの戦闘員が降伏して収容施設で2ヶ月くらい脱過激化のプログラムを受けるのですが、このプログラムも国家機密並にすごくセンシティブなので、どこにあるどんな施設で何人いてどんなことをやってるのか、誰も知らない。そんな中で「元テロリストがプログラムを終えたから社会に戻ってきます、さあみんなで受け入れましょう」と言っても、誰も受け入れられるわけがないですよね。だから元テロリストの社会復帰が限りなくしんどいわけです。

──従来のDDRはここでは通用しないと。

そうです。まず紛争を終えた後じゃないとできないDDRを今まさに激しい内戦が繰り広げられているソマリアでやらなきゃいけないので、今後は紛争解決やカウンターテロリズムに沿った新しい形のDDRを考えて実施していかないといけないわけです。繰り返しですが、それをDDRと呼ぶかどうかは、専門家レベルで議論が始まりつつあります。

目の前で爆破テロ

──本当にめちゃめちゃ難しそうですね。でもそういうまさに内戦が起こっている現場で仕事するのって恐くないんですか?

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。