体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

青森の米「青天の霹靂」で最高の海鮮丼を作る

青森の米「青天の霹靂」で最高の海鮮丼を作る

青天の霹靂(せいてんのへきれき)というお米がある。青森県が2015年から販売している、お米の味を評価する食味ランキングで、特Aを獲得しているお米だ。つまり、最高においしいお米。このお米は非常にさっぱりとしていて、海鮮丼などに合う。

そして、青森県を思い浮かべてほしい。四方ではないけれど、三方が海なのだ。海産物がジャンジャンバリバリなのだ。ということは、最高のお米「青天の霹靂」と最高の海産物で、最高の海鮮丼ができるのではないだろうか。

最高の海鮮丼=青森県

海鮮丼というものがある。ご飯の上に新鮮な海産物が乗ったものだ。マグロもイクラもホタテものっている。誰もが好きなのではないだろうか。これを書いている私も大好きだ。海鮮丼のお風呂があれば、私は間違いなく長湯をする。大好きだからだ。
海鮮丼 メニュー

海鮮丼っておいしいよね!

基本的に、どの海鮮丼もおいしい。ただ、もっと高みを目指したい。そこでいろいろ分析した結果、青森県が海鮮丼に適していると発見した。海に囲まれているし、青森のお米「青天の霹靂」はさっぱりしていて、海鮮丼に最適。青森は海鮮丼県なのだ。

ということでJR東北新幹線に乗って…… ということでJR東北新幹線に乗って…… JR新青森駅

青森に来ました!!!

念願の米

最高の海鮮丼を求めて、新青森駅にやってきた。JR東京駅から東北新幹線でビューンだ。3時間ほどで着いちゃうのだ。青森は、マグロ、ホタテ、カレイなど海産物の宝庫。絶対においしいのだ。そして、海鮮丼は海鮮ばかりに気を取られがちだけれど、米の存在を忘れてはならない。
青天の霹靂

そこで青天の霹靂でございます!

海鮮丼はお米なのだ。米がまずければ、海鮮が死ぬ。その逆もしかりだけれど、とにかく米が大切なのだ。そこで、食味ランキングで青森県が初めて特Aを獲得した「青天の霹靂」なのだ。コシヒカリのような甘みの強さがなく、さっぱりしている。つまり海鮮に合うのだ。
ちなみに食味ランキングは1位2位というランキングではなく、そのお米の絶対評価が特A〜B’で表される。今まで東北では唯一、青森県だけが特Aを獲得していなかった。

青森県産業技術センター ということで青森県産業技術センター水稲品種開発部部長・前田春一さん
1 2 3 4 5 6次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。