体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【2012年04月23日~04月29日あなたの運勢】ガジェ通12星座占い ベスト3

今週の1位

タロット占い『Nikolaschka (ニコラシカ)』が、今週1週間のあなたの運勢を占います。2012年04月23日~04月29日の運勢 星座別ランキングはこちら!

第1位:牡羊座

あなたの好奇心が運気を良い方向へ導く兆し。興味を持ったことはどんどんアプローチしてみましょう。時間や金銭面でハードルが高そうだと思ったら公共施設やネットの情報を利用するなど工夫して。ただし健康運には注意信号が出ています。生活習慣を見直してみて。

第2位:牡牛座

週前半は面倒なことを押し付けられたり他者の言動に振り回されたりと低調な運気。しかし後半から盛り返す兆しです。これまであなたを拘束していたものから解放されるなど自由を満喫することができそう。はめを外し過ぎないように注意。週末はのんびり過ごすと吉。

第3位:蟹座

小さな不安や不満にこだわるのではなく心を穏やかに過ごすことが大切な週となります。ささいなことをに気を取られているとうっかり失敗して自己嫌悪という負のスパイラルに陥りかねません。後ろめたいことがないなら自信を持ちましょう。つらいときは家族に相談を。

12星座すべてのランキングを見たい方は、今日のガジェ通12星座占いの全結果をこちら( https://getnews.jp/archives/195809 )からご覧ください。


第4位以下のランキングはこちら!

第4位:双子座
運気は特別好調というわけではありませんが低調でもありません。少し退屈に感じるくらい平凡な週となりそうです。だからといって特別な何かを求めようとするのは考えもの。トラブルの種になりかねません。不安材料は払拭される見込みなので平穏な日常を楽しんで。

第5位:乙女座
いい加減な情報に踊らされたり先走った言動で周囲を振り回すなど落ち着きのない態度が目につく週となりそうです。何か行動を起こす際には一度立ち止まって冷静に客観的に考えてみるようにしましょう。人とコミュニケーションをとろうと図るのは吉。週末は家族と過ごして。

第6位:蠍座
トラブルが発生するなど突発的な出来事により自由な時間が少なくなってしまうかもしれません。しかし真面目にコツコツと取り組むことで高い評価を得られるでしょう。また事前に準備しておくことで未然に防げることがないか気をつけると吉。家ではしっかりと休息を。

第7位:山羊座
守りに入らず自分から率先して動くことで運気が良い方向に流れ始めるときです。最初のうちは多少の問題を抱えるかもしれませんがあなたがブレずに行動することで収束に向かうでしょう。ゆえに偏った見方や考え方は禁物です。自分さえ良ければという考えは控えて。

第8位:獅子座
吉凶入り混じりの週となりそうです。特に対人面での苦労が目立つかもしれません。必要以上に攻撃的になっているときなので一時の感情に流されないことが肝要。売り言葉に買い言葉などは禁物です。公私のバランスをうまくとるようにすることが幸運の鍵となりそう。

第9位:魚座
正義感が強くなっているときのようです。大小問わず目につく不正やゆがみに憤りやいらだちを感じてしまうかもしれません。しかしそのなかであなたが思うように正すことができるのはほんのひと握り。あまり考え過ぎるとストレスを抱えることになりかないので注意を。

第10位:天秤座
運気はやや低調。特にコミュニケーションの面で失態が多くなりそうです。過ぎたことを掘り返したり勢いだけで空回りしたり気分で人を試すような発言をするなど空気を読まない言動に注意して。自分で話すよりも相手の話に耳を傾ける役に徹したほうが良いでしょう。

第11位:水瓶座
物事が曖昧なまま進み先行きが見えずスッキリしないものを抱える週となりそうです。しかしモヤがかかっている状況はそう長く続きません。夜明け前だと思って気持ちを切り替えて。周囲への愚痴や八つ当たりは控えましょう。次のステップへの準備を整えておくと吉。

第12位:射手座
運気は不調。近しい人とケンカしたり人間関係のトラブルに巻き込まれる可能性が。あなた自身のことであれば第三者を交えるなどして客観的な意見を取り入れた解決を模索しましょう。他者のことならあまり深入りしないことが肝要。趣味でストレスを上手に発散して。

占い提供:『Nikolaschka (ニコラシカ)』

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。