ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『映画キラキラ☆プリキュアアラモード』キャスト6人揃って登場!スイーツの思い出に1年の絆が見えた!? 舞台挨拶レポート

dsc_1138

新たに6人目のプリキュア・キュアパルフェが加わり、さらにパワーアップしている『映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!』が10月28日に全国公開! メインキャストの美山加恋さん、福原遥さん、村中知さん、藤田咲さん、森なな子さん、水瀬いのりさんと、それぞれのプリキュアたちが初日舞台挨拶に登場しました!

dsc_1219

水瀬さん演じるキュアパルフェ(キラ星シエル)がプリキュア映画に参加するのは、今回が初! 水瀬さんは、「プリキュアの映画はこの秋映画から初参加ということで、すごく楽しみにしていました。アフレコのときから、みなさんに早く観てもらいたいな、ここはきっとみなさん喜んでくれるな、笑ってくれるなってポイントがたくさんあって、それを劇場の大きな画面で楽しんでもらえたと思うとすごく嬉しいです」と参加の喜びを言葉にしました。

絆を感じる『プリキュアアラモード』初単独作品!

キュアパルフェ以外のメンバーは、春のプリキュア映画にも出演していましたが、今回の映画は、『プリキュアアラモード』単独作品!

dsc_1053

美山:すごいたくさんの方が来てくださってビックリしました! キラキラルライトもみなさん持ってくれて嬉しいです! やっと、『キラキラ☆プリキュアアラモード』単独主演映画が公開となって本当に嬉しいです。春のときから楽しみにしていたので、すごく今幸せです。本当に私達も楽しくアフレコをさせていただいて、大好きな作品となりました。TVシリーズはそれぞれのお当番回があって、私だったらお母さんのことだったり、ひまりだったら友達のことだったり。そういうのを含めてまたこの映画をみていただくと、あぁいろんな事あったなぁってまた感動してくださるんじゃないかなと思います。

dsc_0937

福原:この初日をずっと楽しみに待っていたので、この日が迎えられてとっても嬉しいです。みなさんが笑顔で迎えてくださって、この映画もたくさん笑って元気を与えられたんじゃないかなって思って胸がいっぱいになっています。

dsc_0950

村中:春の感動的な映画からまたちょっと変わって、シエルの成長を感じられる感動プラス、私達の1年近くかけて築いてきた絆を随所に感じて笑っていただけたんじゃないかと思います。アニマルが変わっても我々戦えるんだぞ!ってところを観ていただけたかなと思います。

師匠のギャップが面白い!

水瀬:今回の映画ではかなりシエルがスポットライトを浴びていて、TVアニメーションで描かれていない彼女の知られざる過去のお話なので、すごくみなさんに楽しんでいただけたかなと思います。

dsc_0976

――水瀬さんはプリキュアに加わって今回が初映画となりますが、台本を読んだときはどのように感じられましたか?

水瀬:最初文字で読んだだけでは想像がつかない面白さがいっぱいあって、早く映像でみたいなって台本を読ませていただいて思いました。あとはやっぱり私の師匠である、ジャン=ピエール・ジルベルスタインさんのいろいろな特徴的なセリフや、中でも「トレビア~ン」っていうセリフがけっこう本編にも出てくるんですけど、それを尾上松也さんがどのように読んでくださるのかなってすごく楽しみでした。

――師匠のジャン=ピエール・ジルベルスタインの印象は?

水瀬:ギャップが(笑)。すごく見た目はカッコよくて、ちょっとクールな人なのかな、と絵からは思っていたんですけど、スイーツに向けた情熱が凄まじくて。冒頭のシーンではシエルが頭突きをするんですけど、そこで薔薇の花びらが飛び散ったので、すごいオシャレな演出だな~と思ったりしました(笑)。

この一年で調教された!? 絆が見える一面も!

映画のテーマ、“思い出のミルフィーユ”にかけて、キャストの思い出のスイーツについて語ってもらう場面も。

dsc_1232

美山:私が一番最初にスイーツを好きになったきっかけが、クリスマスにおばあちゃんと私とお母さんとお姉ちゃんで作ったクリスマスケーキで、すごく思い出に残っています。ちゃんとケーキの上にサンタがのっていて、イチゴをいっぱい敷き詰めて作ったんです。

福原:私は、お母さんが誕生日に毎年ティラミスを作ってくれるんですよ。誕生日が8月でイチゴがない時期なので、いつもティラミスでお祝いしてくれるんですけど、それがすごく美味しくて、大好きですね。

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy