体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画公開記念! 『キラキラ☆プリキュアアラモード』美山加恋・福原遥・村中知・藤田咲・森なな子・水瀬いのりインタビュー

precure_cinema_01

2017年10月28日に公開となる映画『キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!』。公開に先立ち、ガジェット通信ではプリキュア6人を演じる美山加恋さん・福原遥さん・村中知さん・藤田咲さん・森なな子さん・水瀬いのりさんにインタビューすることに成功。映画の見どころをはじめ、テレビ放送から半年を過ぎてのキャラクターの成長、“プリキュアチーム”の雰囲気などもお訊きすることができました。

precure_cinema_02

--『キラキラ☆プリキュアアラモード』のテレビがはじまって半年ですが、いちか・ひまり・あおい・ゆかり・あきら・シエルという役を演じてきたこれまでを振り返って、それぞれのキャラクターの印象や演技で変わったことがあれば教えてください。

美山加恋(以下、美山):今までのお話だと、いちかの場合はお母さんとの関係性が描かれていたので、彼女の中の本当の寂しさとか、心のずっと奥のものとかがけっこう出てきて。普段はすごく明るくて強くて、みんなを引っ張るタイプの女の子なんですけど。そういった寂しさゆえの強さなんだよっていうのが、すごく出てきてるなって思います。

福原遥(以下、福原):ひまりは、見ていてすぐわかるぐらい成長しているなというのは、自分でもすごく感じています。最初は友達もいなくて、引っ込み思案で、誰ともしゃべれない女の子だったんですけど、いちかちゃんをはじめ、仲間と出会って、友だちというものを学んで、「こんなに素晴らしいものなんだ」っていうことに気づいたりとか、自分の好きなものでもみんなに共感してもらえるっていうのがわかって、自信を持つことができたという感じがありました。だから演じる上でも、最初と今では全然違っていて。こんなに元気に演じられるとは思っていなかったので、毎回、演じていてすごく発見があって楽しいです。

村中知(以下、村中):あおいは、最初から猪突猛進で元気な自分の夢に向かって突っ走るみたいなキャラだったんですけど、回を重ねていくごとに、彼女の空気の読めるところだったりとか、頭のよさだったりとか、気が使える子だというのが見えてきて。あきらは母性的というか、優しさっていう感じなんだけど、あおいはグイッと腕を引っ張る感じの強さだったり、優しさが見えはじめてきたり。あと彼女の中にも、やっぱり弱さというか、周りと自分を比べて気にしちゃってる部分が見えてくることによって、彼女の中の性格の幅も広がりつつ、かつその弱さを彼女自身が乗り越えることによって、さらに成長したなっていうのは感じます。

藤田咲(以下、藤田):ゆかりは本当に完璧な女性で、なんでもできてしまうがゆえに退屈を感じている、まさに猫のような女の子。登場時も本当にすごく強くて、「プリキュアになったのはなぜなんだろう?」っていうぐらいだったんですけど、キラパティのみんなとともに行動するにつれて他者も認識できるようになって、一緒にいて支えてくれる人にも出会ったので、明るみに出なかった弱さみたいなものもちゃんと描かれるようになって。最初は、人間っぽい部分が見えなかったんですけど、より人間らしく、普通の、年相応の女の子らしくなってきて、私も演じていて、彼女をすごく愛しいな、と思っています。

森なな子(以下、森):私も最初は、あきらのことをゆかりとは別の完璧さがある人だなと思っていました。高校生でスポーツ万能で、勉強もできて。パルフェよりは早いんですけど、5人目のプリキュアということで、変身バンクもあとだったりとか、「情報が少ないな。5人目、どうしようかな」って悩んでいたんです。でも、物語が進んでいくにつれて、完璧なだけじゃなくて、弱いところとか、妹のみくのことだったり、ストーリーが進んでいくことによって、あきら自身も人間らしい人なんだなって、やるたびに実感がわいてきて。実は頑固だし、すぐ怒るし、かわいらしい人なんだなと思って。あとは真面目なんだけど、端から見たら実はちょっと面白い要素もこの人にはあるんだなと思って演じています。

水瀬いのり(以下、水瀬):私が演じるシエルは5人揃ったところに、また新しい色として参加したということもあって、天才パティシエの彼女が持っているカリスマ感とか、ほかの5人とはまた違うオーラとか、そういうものを彼女らしさとして出していたんです。けれども、ピカリオとのやり取りだったりで、相手を思う気持ちとか、自分のことだけじゃなくて、相手はそのときどんな表情をしているんだろうとか、そういったところが実はまだ欠けていて、自分自身で気づくことができていない自分の欠点だったのかな、と。でも、いちかたちと出会うことによって、そういう気持ちに気づいて。「どうしたらいいかわからないけど助けたい」という気持ちでビブリーに手を差し伸べたりとか。それは彼女のステップアップではないですけど、心の年齢が上がった瞬間だったのかな。周りを見られる子になって、「あっ、気遣いができるようになっているな」って、演じていてすごく成長を感じます。

precure_cinema_03

--美山さんがこれまでのプリキュアシリーズで特に好きな作品があれば教えてください。

美山:『プリアラ』が始まってから、いろんな先輩にお会いする機会がありました。今までの歴代の方々が、もう本当に皆さん、新しいプリキュアにすごく優しくて。皆さんにお会いすると歴代という絆をすごく感じるというか、本当に皆さん大好きなんです。自分の記憶の話をすると、私は世代的に『ふたりはプリキュア』の世代なんです。アニメを見始めた一番最初の記憶の中にあるのが『ふたりはプリキュア』。初めてハマったアニメ。特にキュアブラックがすごく好きだったんです。「なぎさ、カッコいい!」って感じでした。スポーティな女の子が好きだったので。

1 2 3 4次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。