体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ベイカー恵利沙の憧れNY】情報収集が難しいうえに物価の高いNYで、素敵な家を見つけるには?

【ベイカー恵利沙の憧れNY】情報収集が難しいうえに物価の高いNYで、素敵な家を見つけるには?

モデル/スタイリストのベイカー恵利沙が綴る、NYでの生活。今回はまず、お気に入りのおうちを見つけるまでの“引っ越し”奮闘記をお送りします。

はじめまして、ベイカー恵利沙(えりさ)です。モデルとスタイリストをしています。

アメリカ人の父を持ち、6歳から20年以上、日本で生活してきました。でも自分の一部、そしてルーツでもあるアメリカのことをもっとよく知りたくて、この9月からNYに暮らしを移しました。滞在は半年間の予定。英語は話せるけれど、大きくなってからアメリカで暮らすのは初めて。

そんな私のNYライフスタイルを、期間限定連載でお届けします!

第1回は、NYでの引っ越し。

「ニューヨーカーは常に仕事とボーイフレンド、そして家を探している」というのは『Sex and the City』の主人公・キャリーの有名なセリフですが、わたしがNYに来たころ「家を探しているの」とニューヨーカーに伝えると「that is the worst thing happens in your life!(それは人生のなかでも最悪な出来事だね!)」 って、言われていました。

それくらい、NYの家探しは大変で、そして“最悪”の出来事でもある!
何がそんなに大変にさせるかという、さまざまな理由をまとめてみました。

 

1、とにかく物価が高い! そこそこのエリアで一人暮らし、家賃は約30万円

NYに来てから、東京って物価が安い! と思います。(来る前はそんなこと思ったことがなかった)

だからか、NYでは一人暮らしってほとんどありえない。みんなシェアハウスに暮らしています。
都心のマンハッタンで治安のよい場所、なんていったらとても家賃は払えないので、マンハッタンの中心部というチョイスはさっそく外します。

学生や留学生といった日本人が多く住むエリアは、ハーレム(マンハッタンの上の方)、ブルックリン、クイーンズなど。
私はずっとブルックリンに憧れてきたので、ブルックリンの真ん中あたりで探していました。

数年前はブルックリンも安かったようですが、いまはかなり状況が変わっています。NYは本当に流れが速くて、物価も数年で変化するそう! 

▲治安がかなりよくなって、おしゃれなカフェやお店が増え、おしゃれな若者が移り住み始めたら、人気が急上昇。

ブルックリンのなかでも安心して暮らせる治安で、ある程度はマンハッタンに出やすい(といっても30分から40分はかかる)4名シェアハウスの平均家賃は「750~1200ドル」。
1ドル=112円で日本円に換算すると、8万4000~13万4400円!

この金額を払って、お風呂とトイレとキッチンは共有。自分のスペースはお部屋だけ!(それもあまり大きくないことが多い)東京なら、都内の便利な場所で十分に一人暮らしができる家賃です。あぁ、東京ってすごく良心的!

マンハッタンにこだわるなら、シェアハウスでもさらにこの1.5倍くらい。一人暮らしをしたいなら、ブルックリンやクイーンズの少し奥でも2100ドルくらいからかなぁ。つまりNYでの一人暮らし、安くても23万5000円から也! 映画で見るような素敵なところを想像しちゃうと2万5000ドル、つまり28万円くらいから。

マンハッタンの一人暮らし、の家賃については考えたこともありません(笑)。

 

2、家探しのツールは掲示板やアプリが定番。素人同士のコミュニケーションが難しい

NYの不動産仲介手数料は、年間家賃の約15%(高い)。となると、転勤で会社が支払ってくれるパターンでもないかぎり、不動産屋さんからは借りづらいというのが実情です。だからみんな、掲示板やアプリで家を探します。

大家さんやルームメイトが自分で投稿して直接やりとりをするため、素人同士のコミュニケーションは、スムーズにいかないこともしばしば……。誰でも投稿できる匿名のサイトが多く、なかには詐欺や嘘の投稿もあったりして、注意が必要です。

サイトから「まぁ、アリな条件!」と思う家に出会うこと自体にとても時間がかかります。わたしはアメリカに来る1ヶ月前くらいから、毎朝6つくらいの掲示板で新着投稿を確認して、電車のなかでも、夜寝る前にも同じことをして、の繰り返しでした。

「ここはいいかもしれない」と思う家があったら、簡単なプロフィールを付けて直接その投稿をした相手に連絡をするわけだけど……ほとんどの確率で返信がありません(!!!)

FacebookでNYの家探しグループにも入っていたけど「まあまあアリかなあ?」と思う条件の投稿でも、5分もすれば「i text you!(連絡しました!)」のコメントが30件は並ぶ。とにかく早い者勝ちで、そもそもライバル多しなのです。

 

3、書かれている条件と実物が全然違う! 内見は絶対に行かなきゃダメ

安くていい家って、NYにはありません。それでもなんとか良さそうな物件を見つけて、連絡をして、返信がもらえたらようやくスタート。すぐに決めたくなっちゃうけれど、内見は必ず行ってください! というのはもう、絶対のアドバイス。

掲載されていた写真と実際の家がなんだか違うのなんて、かわいいもの。

まだわたしが日本にいる間、NYに住んでいる友人に代理で見に行ってもらった部屋には、なんとドアが付いていませんでした。しかも私以外のシェアメイトは4人とも男性。そんななか、わたしの部屋だけドアなしであけっぴろげ! ドアがないこと、普通は情報として書くと思いません?

庭付きと言われていた部屋は、行ってみたら庭なんて見当たらない。「どこに庭があるの」と聞くと「その窓の向こうだよ」って……わりと高めの位置にある小さな窓から出入りできることを、庭付きと言っているのです。しかもなんだかうれしそうに「its all yours!(お庭は全部あなたのものよ!)」って、かわいいご夫婦の紹介だったから、もうかわいいなと思うしかなかったけれど! 自分の部屋なのに窓から出入りって、泥棒みたい!(笑)

またある物件では、外まで裸足で迎えに来てくれたガールズたち。散らかり放題の部屋に案内されて「部屋をキレイに使ってくれる人を探しているの(*^^*)」と言われ……あなたたち、裸足で外を出歩くのに!?

1 2次のページ
Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。