ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

燃料は太陽光だけ! 30分で湯を沸かせる「GoSun Go」は99ドル

キャンプなどアウトドアでの調理といえば、炭を使うグリルやカセットコンロを思い浮かべる人が多いだろう。

しかし今回紹介するのは、太陽光だけで調理したり湯を沸かしたりすることができる「GoSun Go」。ポータブルサイズ、しかも30分で湯を沸かすことができるというスグレモノだ。

・客の要望に応えたサイズ

名称を聞いてピンときた読者もいるかもしれない。GoSun GoはGoSun Grillの姉妹商品となる。GoSun Grillは2013年にクラウドファンディングサイトKickstarterで資金調達に成功し、商品化された。

開発元によると、これまでに60カ国の顧客1万5000人にGoSun Grillが届けられたが、その客からのフィードバックでポータブルタイプの開発を進めてきた。

・20~30分で調理

GoSun Goはコンパクトなケース内に真空の筒を備える。ケースを広げると放物面ミラーがあり、ここで太陽光を集めてエネルギーに変え、筒が加熱される。

筒の容量は420ミリリットルで、20~30分で調理できる。蒸す、焼く、グリルが可能だ。加熱後は数時間温かさをキープするという。

・日本へも45ドルで発送

燃料いらず、場所取らずと使い勝手は良さそうだが、唯一の難点は重さが9キロあること。リュックをかついでのアウトドア活動では辛いが、車で移動するという場合は使えそう。

GoSun Goは今ならKickstarterで99ドル(約1万1000円)の出資で入手できる。すでに目標を大幅に超える資金を集めていて商品化はほぼ確実な情勢。日本へはプラス45ドル(約5000円)で配達してくれる。出資は11月21日まで受け付け、商品発送は来年4月の予定。

GoSun Go/Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。