体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

わかりやすい文章に「形容詞」が少ない理由――上阪徹の『超スピード文章術』

仕事でもプライベートでも、文章を書く機会がどんどん増えている昨今。ところが、文章をめぐって、こんな思いを持っている人がいませんか?

「文章が苦手。書いている時間が辛い。メールも企画書もできれば書きたくない」

「最初の1行を書き出すまでに、ものすごく時間がかかる」

「文章がうまく伝わらない。しゃべって伝えることはできるのに」

「書き直しを何度も命じられて、いつまで経っても書き終わらない」

「数千字のレポートは、文字が埋まらなくて苦痛だ」

こうした人にこそ、ぜひ読んでいただきたいのが、著書『10倍速く書ける 超スピード文章術』が大きな話題になっている上阪徹さんの本連載です。メール、企画書、レポート、ブログ、SNSまで、実は誰も教えてくれなかった「大人の文書」のすばやい作り方を学べる、全5回です。

f:id:k_kushida:20171004135950j:plain

ブックライター 上阪徹さん

上阪徹事務所代表。「上阪徹のブックライター塾」塾長。担当した書籍は100冊超。携わった書籍の累計売り上げは200万部を超える。23年間1度も〆切に遅れることなく、「1カ月15万字」書き続ける超速筆ライター。

1966年産まれ。89年、早稲田大学商学部卒。ワールド、リクルート・グループなどを経て、94年よりフリー。これまでの取材人数は3000人超。著書に『10倍速く書ける 超スピード文章術』『書いて生きていく プロ文章論』『成城石井はなぜ安くないのに選ばれるのか』『成功者3000人の言葉』『リブセンス』『職業、ブックライター。』など。

「そもそも文章は読んでもらえない」という気づき

文章を構成している「素材」は一度に考えようとしないこと。書かないといけない、となった時点で常に意識しておき、少しずつでも書きためていく。そのためにも大事になるのが、とにかく徹底的にメモすること。なぜなら、人は必ず忘れてしまうから。

そして、メモした「素材」は面倒でも書く前に整理して、書き出してみる。これを構成するときには、文章で考えようとせず、「もし伝えたい読者がカフェで目の前にいたなら」と、しゃべるつもりで考えてみるといい。人は意外にしゃべるとき、ロジカルだから。

前回、連載第3回では、こんな話をしました。今回は、文章をワンランクアップさせ、スピードも速める2つのシンプルなマインドセットをご紹介しようと思います。

ひとつは、文章を書く上での大切な心得です。私は20年以上、文章を書くことで食べていますが、それを可能にしたのは、この心得だったと思っています。しかし、これが多くの人には、なかなかできていないという印象があります。何かというと、「文章を読んでもらうのは大変なこと」だという認識です。もっといえば「そもそも人は文章を読みたくない」ということです。

メールであれ、企画書であれ、社内報の記事であれ、文章を書こうとするとき、あるいは書いているとき、読み手は当たり前のようにこの文章を読んでくれるはずだ、と思っている人が少なくありません。もちろん読まなければいけないときもあるわけですが、それはとても面倒なことだ、できれば読みたくない、ということを認識しておく必要があるのです。

心得ひとつで、メールも企画書も変わっていく

このことに気づいていないと、こういうことを平気でやってしまうようになります。いつまでも結論が出て来ないダラダラした文章になったり、何を言っているのかよくわからない意味不明の文章になったり、行替えがほとんどなく、どこが文章の切れ目なのかわからないような文章になったり、なんの変哲もないつまらない書き出しになってしまったり……。

これらは、ほんの一例ですが、みなさんも「読みたくないなぁ」と感じたメールや企画書、レポートや文章があるのではないでしょうか。もしかすると、自分の興味で読んでいるものを除けば、そのほうが多いかもしれません。

このことがきちんと意識できていれば、どうなるか。文章は変わっていくのです。「相手に読んでもらうことは大変なこと」「そもそも読みたくない」と思っていれば、しっかりと気遣いをするようになります。読者にとって迷惑な文章は、自然に書かなくなるのです。

間違っても、行替えなく文字でびっしり埋まって真っ黒に見えるメールを送ったりはしない。適度に行替えをして、すっきり見えるようにするはずです。それこそ前回の「しゃべるように」ではありませんが、目の前でしゃべっているときには、いつまで経っても結論を言わない、なんてことはありません。まずは、結論を言って、それからその背景を語っていくはずです。これを文章でもやっていくでしょう。

書き出しにも気を配るでしょう。面白くない書き出しの文章は、人の興味を惹きません。特別なことをしなければいけないわけではありません。ほんのちょっとでも工夫するのです。「私は〜」から当たり前のように始めない。読者が一番知りたいキーワードを最初のフレーズに持ってくる。企画書にしても、「これが一番気になっているはずだ」という言葉を冒頭に持っていく。丁寧に書こうとして凡庸な書き出しになってしまうことのほうが、むしろ読者にはつまらない、ということを認識しておく必要があります。

目指すは「書き出しを読み始めたら、最後まで一気に読んでしまえる文章」

f:id:k_kushida:20171004140559j:plain

この気づきを得たのは、私がリクルーティング広告から書くキャリアを始めた、ということが大きいと思います。当時は、求人広告ばかりを集めた雑誌がありました。読者はそれを見て応募するわけですが、どんなに「これはいい情報だ」と思うものを並べても、読者が反応してくれるとは限りません。

考えてみれば、当然のことでした。読者には、読む義務などないのです。別に読まなくても、困らないのです。そんな姿勢の読者に、どうやって読んでもらうのか。それを考えなければいけませんでした。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。