ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『炎の転校生』がNetflixで実写化! 島本和彦インタビュー「繰り返し観たくなる作品に仕上がっている」

img_6637-7

※注意・インタビュー内に、本編のネタバレ要素が若干あります

少年マンガ『炎の転校生』がNetflixのオリジナルドラマ『炎の転校生REBORN』として2017年11月10日(金)の配信が決定しました。

『炎の転校生』は1983年から1985年まで『週刊少年サンデー』(小学館)にて連載されていた作品です。島本先生のデビュー2作目にして、大人気となった代表作でもあります。原作は、主人公の滝沢昇が転校を繰り返し、行く先々で事件を解決するという熱血アクションコメディ。

2017年にNetflixで生まれ変わった『炎の転校生REBORN』は、ジャニーズWESTの主演による実写化となります。

……そう、実写化なのです。原作ファンからすると、“ジャニーズタレントによる実写化”と聞いて「えっ?!」と思うかもしれません。実写化に伴う「コレじゃない感」は筆者にも覚えがあるので、ファンの不安はものすごくよくわかりますが、ご安心あれ

img_6647-10

原作のテイストであるあの「熱血ベースのロジック」やテンポ、キャラクターの濃さといった演出は見事に継承されています。視聴開始から60秒で不安は安堵と笑いへと変わるでしょう。

本作の特筆すべき点は、ジャニーズWESTのメンバー全員が、主演として7人の「駆(かける)」を演じていること。本人たちの素の部分も少なからず含まれているという、それぞれの駆というキャラクターの“立ち”方が抜群です。

illust

今回は『炎の転校生REBORN』完成を記念して、原作者である島本和彦先生にインタビューをいたしました。“常にテンションMAX”と噂の島本先生とのやり取り、お楽しみください。

img_6628-5

カメラ大好き島本先生

(取材開始前、カメラバッグから一眼レフを取り出す筆者。それをじっと見ている島本先生)

島本和彦先生(以下、島本):カメラ撮影するの?

―― はい

島本: カメラの機種は何?

―― EOS 6Dですね。キヤノンの

島本: キヤノンかぁー(笑)

―― でも(ニコンの)D850この前、レビューで僕触りましたよ

島本: (身を乗り出して)おお!触った?どうだった??

―― すごく良いです。Nikonに乗り換えようかなって思うくらい。センサー自体が今までと根本的に違うんですよ

島本: 今、D810使ってるんだけど、迷ってるんだよなあ。そんなにいい? 新機種が出るとさ、色んな解説本が出るじゃない? 810買った時にはいろんな写真家が撮った写真の撮り方が、(解説本で)手に入るわけよ。

―― ああー! なるほど

編集担当:あの、本題の方を……

島本: あー、そうだそうだ!(笑) 今日はよろしくっ!

「随所にたくさんお金がかかってるなあ」

―― 『炎の転校生REBORN』拝見させていただきました

島本: ありがとうございます。

―― 原作のテイストを損なっていないな、という感想なんですが、先生からご覧になって、いかがでしょう。ドラマの感想からいただけますか?

島本: 今まで(の取材)と全然違うこと言おうかな(笑)。カメラ話で盛り上がったし(笑)……
あ、それでなんだっけ?

―― 最初ご覧になって、どんなふうに感じられました?

島本: 「画面作りが非常にいいなあ」というのが最初見たときの感想だね。あと、ジャニーズWESTのメンバーひとりひとりをキチっと使っているなぁ、と。それとリングの周りにたくさんガヤが居たんだけど、ガヤにたくさんお金かかってるのが良かったなあ、って思ったね。

ガヤにいるのが、みんな結構若い男の子女の子で、それ見てるだけでも若さのエネルギーがあっていい場面だったよ。

ただ、最初はあんなに若いガヤをたくさんつかってゾンビとかやらせてたのに、後半出てくるガヤってなんかくたびれたオヤジ多いんじゃねえの? とは思った。最初にカネ使い過ぎたのかとか、すごく色んな邪推をしましたね(笑)

―― 作り手としては裏方に目が行ってしまう

島本: いやあなんかね、後半になるにしたがって期待度は高まるの。けど、7話で……「どうしたおい」って(笑)。「どうしてこんなくたびれたオヤジをライバルに出してくる! 対決物のセオリーにかなってないぞ」とは思いました(笑)。

――でも、作品自体はキッチリ!

島本: そうですね。あと、原作者もどきが出てきますけどね。(一同笑)
私原作のドラマとかアニメとかで、私が声やったり本人が出てきたりすることがあるんだけど、それを楽しみにしている私のファンは、どんな気持ちであの瞬間を迎えるのかと思うと、それを知りたいね! (一同爆笑)

Twitterで知る“風の流れ”

1 2 3 4次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。