体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「いじめ」をしていた僕は、あるキッカケで初めて“他人”のことを考えた。ーー“世界の紛争の最前線”で戦う26歳・永井陽右氏の仕事論

世界の紛争の最前線で戦う日本の若者がいる。永井陽右26歳。

大学1年時からソマリアを救うための団体を立ち上げ、ソマリア人の若者ギャングの社会復帰プロジェクトを開始。卒業後はソマリア紛争の最前線に立ち、国連やアフリカ連合とともに、「カウンターテロリズム」と「武装解除」に取り組んできた。現在はソマリアだけではなく、ケニア、ナイジェリア、新疆ウイグル自治区などでテロ根絶と紛争解決に尽力している。

なぜ彼は日本とは縁もゆかりもない紛争地のテロ根絶に命を賭けるのか。世界平和に懸ける思いとは──。これまでの人生を振り返りつつ永井氏を駆り立てるものに迫った。

f:id:k_kushida:20170922103059j:plain

【プロフィール】

永井陽右(ながい ようすけ)

1991年、神奈川県生まれ。高校卒業後、一浪して早稲田大学教育学部複合文化学科入学。1年生の時に「日本ソマリア青年機構」を創設。「学生だからできること」を標榜し、2013年、ソマリア人若者ギャングの社会復帰プロジェクト「Movement with Gangsters」を開始。これまで数多くのギャングを更生、社会復帰させてきた。大学卒業後はロンドン・スクール・オブ・エコノミクス修士課程入学し、紛争解決について学ぶ。2016年9月に卒業後はソマリア紛争の最前線に立ち、国連とアフリカ連合とともに、「カウンターテロリズム」と「武装解除」の2つの手法で、紛争の主要因となっているアルシャバーブの戦力をそぐ活動に従事。2017年4月、団体名を「NPO法人アクセプト・インターナショナル」に改称。テロ根絶と紛争解決に尽力している。若者のテロ組織への加入を食い止めるため、国連人間居住計画(UN-Habitat)のアーバン・ユース・ファンドのメンターとしても活動中。著書に『僕らはソマリアギャングと夢を語る─「テロリストではない未来」をつくる挑戦』(英治出版)、『ぼくは13歳、任務は自爆テロ。:テロと戦争をなくすために必要なこと』(合同出版)などがある。

NPO法人アクセプト・インターナショナル https://www.accept-international.org/

最初のきっかけは“ツバル”

──まずは永井さんが現在取り組んでいる活動について簡単に教えてください。

NPO法人「アクセプト・インターナショナル」の代表理事として、ケニア、ソマリア、ナイジェリアと新疆ウイグルなどの紛争地および政情不安定地で、テロ組織への加入防止と加入している兵士を脱退させて社会復帰させるDDR(武装解除・動員解除・社会復帰)を行っています。これまでのテロ組織撲滅のアプローチは空爆や地上戦だったのですが、それだけでは駆逐しきれないので、こういう方法を取っているわけです。これを学生と社会人、両方の力でやっています。

──詳しい活動内容は後ほどおうかがいするとして、なぜ日本とは縁もゆかりもない危険な紛争地でテロや紛争を止める活動をするようになったのか、その経緯を教えてください。

一番最初の原点は高校時代まで遡ります。当時バスケットボール部に所属していたのですが、高2の夏休みに練習が2日間だけ休みになったことがあったんですね。思いっきり羽を伸ばそうと、冷房の効いた部屋でインターネットでおもしろ動画を見まくっていました。ひとしきりお腹を抱えて笑った後、同じサイト画面に「注目トピック」みたいな感じで、南太平洋の小さな群島国「ツバル」が特集されたページがあったんですね。ツバルって何だろうと本当に何の気なしにクリックして読み始めたら目が離せなくなってしまって。地球温暖化の影響で年々海面が上昇して、そのせいで今も島が少しずつ沈んでいる最中で、このままだと近い将来沈んでしまうと。それを読んで国が沈むとはどういうことだ!とものすごく大きなショック受けました。f:id:k_kushida:20170915214619j:plain

▲高校時代

同時に、このツバルのおかれた状況とその未来を知った時、ツバルなんてそれまで見たことも聞いたこともない国ですが、そこで暮らす人々は将来確実に国を失ってしまう、なんてかわいそうなんだと思いました。これがきっかけで、それまで自分のことしか考えたことがなかったのに、他者のことにもぼんやりと思いを馳せるようになりました。そしてその時、なんて俺はこれまで他人に対してひどいことをしてきたんだろうと反省と後悔の念に苛まれました。

──それはなぜですか?

ひと言で言うと、いじめをしていたからです。子どもの頃って、運動ができるやつが偉い、みたいなとこがあるじゃないですか。それでパッとしないやつを殴る蹴る、無視する、いじる、など、調子に乗っていじめていたんです。

初めて他人のことを考えた

──では永井さんはいわゆるスクールカーストで上位の方にいたわけですね。

まあそうとは言えるかもしれませんね。だからそれまで他人のことなんて考えたことなかったですもん。ロールプレイング的な世界観で、基本自分が主人公で周りに脇役の登場人物A、Bがいて、Aはいじられキャラだよな、という感じでした。

それがツバルの特集記事を読んだことで、みんなそれぞれ主人公でちゃんと生きてたんだなとぼんやり考え始めて。ってことは僕らがやってたいじめはかなりヤバいことなんじゃないか、よくないことをしてきたなとガキなりに本当に腹の底から反省しました。それでつるむ友達も変えたんですよ。オタク系とかいじられキャラみたいな、それまでならあまり仲良くならないようなクラスメートとも話したり遊んだりするようにしたんです。最高に上から目線ですが、当時はやはりそんな認識でした。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。