ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ARカメラであんなものの長さまで測定できる、iOS11対応アプリ「AirMeasure」

iOS11で追加されたAR機能、これを利用したアプリが、早くも続々と登場している。なかでもひときわユニークなものが、今回ご紹介するARメジャーアプリ「AirMeasure」となる。

このアプリには、定規やメジャーでの直線的な測定のような機能以外にも、さまざまな便利機能が盛り込まれていて、一度使いだしたら手放せないアプリとなりそうだ。

AirMeasureにどのような機能があるのか、興味深いものをいくつかご紹介したい。

・ラインを引っ張ってさまざまな対象を測定

AirMeasureでは、スマホのカメラを通して捉えたオブジェクトの長さや体積を、仮想的な定規を使って測ることができる。

測定対象によってさまざまなモードを搭載しており、最も基本的な「ポイント&シュートモード」では、カメラに映った対象オブジェクトの始点でポイントをタップ、終点までラインを引っ張ることで素早く長さが測定される。

この仕組みを利用して長さを測定するモードがいくつかあり、フロアの端に合わせて連続してラインを引っ張ることで、部屋の周囲の長さを測る「フロアプランモード」、仮想的な平面を描写して、その長さを測る「サーフェスモード」モードなどがこれだ。

この他にも、3D空間でボックスを作って体積を測ったり、カメラを人に向けて身長を測ったり、仮想家具を配置してスペースに設置できるかを確かめたりといったことが可能となっている。

・軌道やエアブラシで空間にマーキングすることも

面白い機能として、ラインを引っ張りながら移動することで、軌道が描写されて距離がわかる「軌道経路モード」や、3D空間にARブラシで落書きができる「エアブラシ」があり、エンターテイメント色の強い使い方もできる。

ただ、自分で平面やボックスの描写が必要なものに関しては、なかなか狙った位置をうまく認識せず、気づいたら描写に失敗したARオブジェクトで部屋があふれかえっていることも。使いこなすには少々コツがいりそうだ。

AirMeasureを使うには、iOS11へのアップデートが必要となっている。対象機種のユーザーでまだ試していない方は、App Storeからアプリをダウンロードしてみてはいかがだろうか。

AirMeasure/App Store

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。