ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

中国Meizu、SamsungのクアッドコアExynosを搭載した「Meizu MX Quad-core」を発表、6月に発売

中国Meizuが「Meizu MX」のクアッドコア版「Meizu MX Quad-core」を発表しました。発売時期は今年6月、中国と香港にあるMeizuの販売店で発売されるそうです。今年1月に発売されたMeizu MXのデュアルコア版と同様、クアッドコア版でもSamsungのプロセッサーが使用されています。クアッドコア版では、A RM Cortex A9コアを4つ搭載し、32nm HK/MGプロセスで製造される”Exynos”で、デュアルコア版との比較しCPU性能は60%向上、GPU性能は50%向上したとのこと。CPUクロックは不明。クアッドコア版では内蔵ストレージの容量別に32GBモデルと64GBモデルの2種類が用意されています。カラーは5色。価格は、32GBモデルが2999元(約38,000円)、64GBモデルが3999元(51,000円)。なお、既存の内蔵ストレージ容量16GBのデュアルコア版は4月16日から2,099元→2399元に値下げして販売されます。クアッドコア版のスペックとしては、Android 4.0ベースの「Flyme OS」、4インチ解像度960×640ピクセルのシャープ製ASV液晶、1GBのRAM(LPDDR2 デュアルチャネル)、背面に800万画素裏面照射型CMOSカメラ(F値2.2、AF、フラッシュ付き、[email protected]の動画撮影も可能)、前面に30万画素カメラ、1,700mAhバッテリーを搭載。Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDR、GSM/GPRS/EDGE、WCDMA/HSPA+に対応します。Source : Meizu



(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy Nexusクローンが登場
NTTドコモ、「ARROWS μ F-07D」と「Galaxy S SC-02B」のソフトウェアアップデートを開始
NECカシオ、タイでAndroidスマートフォン「MEDIAS 101S」を発売、製品ページも公開

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。