ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【衝撃】ボコボコに暴力されて興奮する女子の実録漫画が大人気 / 泣くまでボコられてはじめて恋に落ちました

image

暴力は許せない行為。それは人類共通の倫理といえるかもしれないが、もし暴力を受ける側が「暴力を受けて悦びを感じている」としたら、あなたの倫理観は揺らぐのだろうか。

・実録エッセイ漫画を執筆
好きな男性からボコボコに殴る蹴るの暴力を受けることで性的な快感を感じる女性が、実録エッセイ漫画を執筆。インターネット漫画サイト「くらげバンチ」(新潮社)に掲載され、大人気となっている。まだ2話までしか掲載されていないにも関わらず、大きな注目を集めているのだ。

・漫画家のペス山ポピー先生
そのタイトルは「泣くまでボコられてはじめて恋に落ちました」。略してボコ恋。漫画家のペス山ポピー先生の漫画で、彼女は「暴力を受けることでしか興奮できない被虐趣味を持つ私」と書いている。

割と身を削って描いてるエッセイ漫画です。
いっぱい痣をつくりました。
良かったら読んでください。
みんな大好きなドSイケメンは現実に存在したという漫画でもあります。
最終的には愛の話になっていきます。ほんとです。https://t.co/dKL6AbyZsA

— ペス山ポピー(ボコ恋) (@pesuyamapoppy) 2017年9月16日

・ボコボコにブン殴られたい
彼女は普通の恋愛に興味を感じず、キスなんて論外。とにかくボコボコにブン殴られたり蹴られたりすることを性的な悦びとし、その普通ではない恋愛の仕方が漫画に描かれている。

・ディープで複雑な感情
しかしながら、彼女は「暴力は嫌い」「自分の性嗜好を心から楽しめていない」と語る。殴られるのが好きなのに? という疑問がわいてくるが、そこには他人にはわからないディープで複雑な感情が交じり合っているのだろう。その真意と真相は、おそらく今後のエピソードで語られていくはずだ。

この漫画、痛々しいシーンがあるものの、読み進めることによって意味のあるものになると感じる。もっと詳しく彼女を知りたい人は、公式Twitterをチェックしてみるといい。

もっと詳しく読む: ボコボコに暴力されて興奮する女子の実録漫画が大人気 / 泣くまでボコられてはじめて恋に落ちました(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2017/09/19/bokokoi/

参照: 泣くまでボコられてはじめて恋に落ちました
Copyright 2016 SHINCHOSHA All Rights Reserved.

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。