ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

米Sprint、LTE対応スマートフォン「LG Viper 4G」を4月22日に発売

米Sprintは現地時間4月12日、同社初のLTE対応スマートフォン「LG Viper 4G」の予約受付を開始しました。また同日、発売日をアースデイとして知られる4月22日としたことを発表しました。この日を発売日としたのは、LG Viper 4Gがエコフレンドリーな製品であることにちなむと見られています。LG Viper 4Gは、4インチWVGA(800×480ピクセル)のIPS液晶NOVAディスプレイ、Qualcomm Snapdragon S3 1.2GHz(デュアルコア)を搭載したAndroid 2.3スマートフォンで、NFCにも対応しており、Googleのモバイル決済サービス「Google Wallet」も利用することができます。RAM容量は1GB、内蔵ストーレジの容量は4GB、外部メモリはmicroSD/microSDHCに対応します。このほか、発売から7月22日までの3ヶ月間、Box.netの50GBのスペースが無料で提供されます。カメラは背面に500万画素CMOS/前面に30万画素CMOSを搭載。通信機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth 3.0、Wi-Fi Direct、DLNA、CDMA/LTEに対応します。バッテリー容量は1,700mAh。本体サイズは4.59″ (H)×2.44″ (W)×0.46″ (D)、質量は5oz。LG Viper 4Gの販売価格は同社との新規2年契約で$99($50のリベート後)。Source : Sprint



(juggly.cn)記事関連リンク
NHN Japan、写真や画像をかわいくデコってLINEや他のSNSに共有できるカメラアプリ「LINE camera」Androidアプリ版をリリース
Android版「Google+」がアップデート、共有リンクのプレビュー投稿やハッシュタグに対応
端末料金無料の大学生限定の格安スマートフォンサービス「タダスマ」の申込み受付が開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。