ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

吸盤とクネクネとした足であらゆるところに設置可能なスマホ・カメラスタンド「Tenikle」

カメラを使う人であれば1つは簡易スタンドをもっていることだろう。簡易スタンドなので、サッと取り出せて、すぐに使えるスタンドである必要がある。

そこで、先日「その手があったか…」いや、「その足があったか」と言わざるを得ないスマホ・カメラスタンドが登場した。それが、Kickstarterにて目標金額を獲得した「Tenikle」だ。

・タコ足のようにクネクネ曲がる

Tenikleは、三脚に10個の吸盤が付いた、まるでタコの足のようなスタンドだ。上部にネジ穴が付いているため、一般のカメラを載せて利用することができる。

Tenikleの関節はクネクネと曲がるような仕様となっているため、ポールや、手すりに三脚を巻いて設置することも可能なのだ。ボールのように丸めることもできるので、持ち運びにも便利だろう。

・吸盤を使えばスマホスタンドにも最適

さらに魅力的なのが、吸盤の部分だ。ご想像の通り、吸盤は平らな部分であればほぼ何にでも貼り付けられる。片足をスマホの背面に取り付けて、残りの2本の足を折り曲げればあっという間にスマホスタンドとなるのだ。

吸盤を壁に取り付けたり、社内のフロントガラス内側に取り付けたり、単純に手で持ってセルフィースティック代わりにしたりと、とにかく万能だ。一般的なスタンドには、立てるタイプか、巻くタイプしかなかったが、これで新たに「貼るタイプ」が加わることとなる。

Tenikleは今なら20ドル(約2170円)で注文でき、Kickstarterにて9月30日までキャンペーンを実施している。これは、一般のお店に出回ったらヒットしそうな予感である。

執筆:Doga

Tenikle/Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。