体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まぁるいプリンクリームパンに注目:みんなが“食べたい”新商品ランキング

こんにちは! 食品クチコミサイト「もぐナビ」ではユーザーさんが発売前や購入する前に「食べたい」と思ったときに押す“食べたい”ボタンを設置しています。

この記事では、1週間の集計期間中にみんなが“食べたい”と思った食品のランキング結果を発表します!

ユーザーさんが食べたいと思った人気の3商品はこちら♪

第3位 ハーゲンダッツ ミニカップ 安納いも

発売日:2017/10/3

残暑が続くなどと言われていますが、そろそろ“秋”のフレーバーが気になりだす頃ですね。

こちらは、「安納芋」そのものを食べているような濃厚で甘みの強い安納芋アイスクリームに、安納芋の粗粒入りソース入り……なんて、文字見てるだけで気分はお芋だらけになっちゃいます!

“秋を感じる味わい”ってことで、発売日は、まだまだ先の10月3日。期間限定の商品なので、買い忘れのないように、今からカレンダーにチェックつけておきましょう!

第2位 森永 MOW エチオピアモカコーヒー

発売日:2017/8/21

モウ

こちらも、期間限定のアイスです。

“エチオピアモカ”ってなんのことだかあんまり分からなくても(汗)、なんだかシャレた気分になっちゃうし、パッケージも渋めの色合いで、オトナな気分を味わえそうな予感。

モウ中身

蓋を開けると、薄めのコーヒー色です。

苦味はありますが、さほど強くなく、甘さもほどほど。アイスがフワンと口の中で広がります。

 

まぁるいプリンクリームパンに注目:みんなが“食べたい”新商品ランキングシャチのしっぽ 「コーヒー飲めなくても美味しかった!」 コーヒー飲めなくてもコーヒー味は好きなので、発売を楽しみにしていました。おいしーい!甘過ぎず苦すぎず丁度よくてサッパリ!あっという間に食べてしまいました。どちらかといえば大人な味。 出典: シャチのしっぽさんのクチコミ

 

まぁるいプリンクリームパンに注目:みんなが“食べたい”新商品ランキングそらみん 「いいモカ」 苦みはないもののコーヒーの香ばしい風味がすーっと喉を通っていきます。コーヒーの味はちゃんとしてるけどクリーミーさもしっかりあるのでちょっとカフェオレっぽいかもしれない。 出典: そらみんさんのクチコミ

 

コーヒー飲まない人でもチャレンジしてみる価値ありそうな味わいと、コーヒー党の人も満足できる香ばしさが同居してるカンジ。

冷凍庫から出したてのカチカチ状態だと苦味とコクを楽しめ、ちょっと溶け出してからの柔らかさで甘みを強く感じることもできます。
シェイク状になるまで待ってみるのもアリかもしれませんね。

第1位 セブン-イレブン プリンクリームパン

発売日:2017/8/22

プリンパン

コロン、と、高さのあるまぁるいパン。プリンクリーム入りとのことですが、みなさんからのクチコミにもあるように、まるでプリンそのもの!

パン 断面

クリームがしっかりと詰まっているので、一口目から甘さが感じられますが、トロトロすぎてお口からはみ出ちゃいそうな点は要注意です!

パン生地の塩っ気には、評価が分かれそうですが、筆者的には、“締め”の役割になっていて、よかったと思います。

ただし、東北・中国、四国・近畿・東海・山梨、北陸・関東の販売とのこと。う〜ん!あともうちょっとで全国展開だというのに、残念(泣)。

セブンさん、ご検討ください〜!!

 

今週は、あなたのお気に入りはランクインしていたでしょうか?

大雨が降ったかと思えば、突然の暑さがやってきたりと、まだまだ体調管理には注意が必要ですね。美味しいもの補給にも気を配って、乗り切っていきましょう!

あなたの食欲で作られるこのランキング。
気になる商品を見つけたら「食べたい」ボタンをポチっ♪ とクリックしてくださいね。 セブン-イレブン プリンクリームパン セブン-イレブン プリンクリームパン

■森永 MOW エチオピアモカコーヒー
■ハーゲンダッツ ミニカップ 安納いも

関連記事リンク(外部サイト)

【朗報】衣が油っぽくない!おいしい揚げ物が誕生![PR]
【北海道かぼちゃ】こだわり素材のプリンを食べてプレゼントを当てよう![PR]
セブンふわっとろ新フレーバーランクイン!:今週のコンビニスイーツランキング

もぐナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。