ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ミュージシャンのパフォーマンス向上に!演奏時の正しい姿勢をフィードバックする「Musician’s Mirror」

演奏家や俳優など、大勢の前で表現する人たちにとって、切っても切れない縁にあるのが、正しい姿勢。パフォーマンスの向上につながるばかりではなく、健康維持にも大いに役立つのだという。

Royal College of Artの卒業生Arthur Carabott 氏が発表したのは、カメラスタイルのデバイス「Musician’s Mirror」。その名のとおり、ミュージシャンの姿勢やテクニックを向上させるために開発されたプロダクト。アプリと連動して、パフォーマンス時の姿勢をトラッキングする、芸術家垂涎のアイテムだ。

・ユーザーの姿勢をリアルタイムでフィードバック

本体は驚くほど小さく、手のひらにおさまるほど。本番中に使用しても、おそらく気付かれないだろう。

使い方は簡単。演奏状態が映る位置に「Musician’s Mirror」を設置し、専用アプリを立ち上げたデバイスを、見える場所に置いておく。すると、カメラがビジュアルによって、ユーザーの姿勢を即座にフィードバック。良い姿勢のときはグリーン、悪いときは赤のラインで画面上に警告を発するようになっている。

システムはさらに、ミュージシャンが悪い姿勢に陥ったときの音が、どういう状態にあるか、リアルタイムでオーディオフィードバックを提供する。アコースティック楽器の場合はホワイト・ノイズを発するが、電子楽器では、インストゥルメントル自体の音が歪むことがあるのだとか。こうしたことからユーザーは、ベストな演奏状態を作り出す姿勢を学ぶことができる。

・一般販売はまだ先

Carabott 氏は、音楽アカデミー学生の80%が、演奏によって腕、首、肩など、身体の一部に何らかの問題を抱えているという調査結果から、本品の開発を決意。Royal College of MusicのPeter Buckoke教授と、同大学のギタリストの協力の下、市販のデプスカメラとOpenCVを使用して、プロトタイプを製作した。

現在は一般販売に向けて、試験を繰り返している最中。市場に出るのは、もう少し先になりそうだ。

Musician’s Mirror

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy