ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スマホアプリと専用ボールを組み合わせたサッカー用トレーニングツール「DribbleUp Smart Soccer Ball」

米ニューヨークのスタートアップ企業「DribbleUp」は、スマホアプリと専用サッカーボールを組み合わせたトレーニングツール「DribbleUp Smart Soccer Ball(ドリブルアップ・スマート・サッカーボール)」を開発した。

・スマホアプリがボールを追跡し、トレーニングの出来映えをフィードバック

「DribbleUp Smart Soccer Ball」は、試合球としても使えるサッカーボールとスマートフォン用三脚、スマホアプリで構成。

4歳以上の子どもからプロレベルのプレイヤーまで、それぞれのレベルに合わせて、サッカーの基本スキルであるドリブルやリフティング、シュートをトレーニングできるのが特徴だ。

具体的な使い方としては、まず、スマホアプリを立ち上げ、カメラ画面がサッカーボールの動きを捉えられるよう、スマートフォンを三脚で固定。

スマートフォンの前でトレーニングを始めると、アプリがサッカーボールの動きをリアルタイムで追跡し、データ分析をもとに、音声やビジュアルでフィードバックを与えたり、出来映えを評価する仕組みとなっている。

・キックスターターでクラウドファンディングを実施中

「DribbleUp」では、「DribbleUp Smart Soccer Ball」の量産開始を控え、現在、1万ドル(約109万円)を目標に、キックスターター(Kickstarter)でクラウドファンディングを実施中。

49米ドル(約5340円)以上を出資したサポーターには、報酬として「DribbleUp Smart Soccer Ball」の一式が提供される予定だ。

DribbleUp Smart Soccer Ball/Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。