ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

第9回ウディコンで発見!独自システムが光るフリゲ短編RPG2選『アンダーグラウンドヒーロー』『S-Witch♭』

毎年7月から8月にかけて開催されている、ゲーム制作ツール「WOLF RPGエディター」で制作されたフリーゲームのコンテスト「WOLF RPGエディターコンテスト(通称ウディコン)」。第9回目を迎えた今年も60作品を超える力作が集まった。毎回“RPGエディター”というツール名にとらわれない多彩なジャンルの作品が投稿されるイベントだが、今年もバラエティに富んだ作品が集結。もちろんRPGも多数投稿されており、独自の世界観に凝った作品やシステムを完全自作した作品など、作品ごとにさまざまな見どころが用意されている。

プレイヤーの趣味嗜好によって推し作品が大きく変わってくるのも醍醐味と言えるウディコン。そこで本稿ではシステム重視派かつバトルマニアを自認するRPGファンの筆者が、とくにハマった独自システム搭載の短編RPGを2作品ご紹介する。いずれも戦闘はコマンド選択型で、じっくり考えながら落ち着いてプレイできる作品。「フリゲRPGといえばやっぱり凝った戦闘システム!」という方はぜひ参考にしていただければ幸いだ。

多様な戦術要素のシナジーがアツい!『アンダーグラウンドヒーロー』

ughero-eyecatch

 

全4層からなる階層世界「アンダーヘイブン」の最上層へと向かい、かつての世界を滅ぼした存在「エル」を倒すのが目的のRPG。各階層はいくつかのエリアに分かれており、最後にはボスが待ち構えている。
ughero-map

地形や敵の傾向が異なるさまざまなエリアを踏破していく

戦闘はシンボルエンカウントのCTB方式で、状態異常の扱いを得意とする主人公、魔法アタッカーのドロシー、盾役のギルバート、物理アタッカーのミラという主な役割が明確な4人のパーティで戦う。各キャラクターはレベルアップで入手できる「GP」を消費し、キャラクターごとに用意された個性的なアクティブ・パッシブスキルを選んで習得していくことが可能。習得可能なスキルは最初からすべて確認することができ、自由度の高いキャラクター育成を行える。
ughero-skill

「GP」を消費してスキルを習得。キャラクターの個性を引き出すようなスキルが用意されている

戦闘システムでユニークな点は、クリティカルはランダムで発生するが、攻撃後に判定されるのではなく「今攻撃すればクリティカルになる」というのが事前にわかること。クリティカルでは状態異常付与の成功率も上昇するほか、クリティカルで追加効果が発揮されるスキルなどもあり、チャンスを活かす戦術判断を楽しめる。また、敵の次の攻撃がクリティカルになる場合も事前にわかるので、危険予知という意味合いもある。
ughero-critical

キャラクターの下にある「CRT」アイコンが点灯した際に攻撃するとクリティカルが発生。クリティカルで追加効果が発揮されるアクティブスキルや、クリティカルを条件に発動するパッシブスキルも用意されている

装備品の仕様もユニークで、装備品ごとに異なる最大4つのパラメーターが基本値からの割合で変動する。性能も「攻撃力と防御力が上がるが状態異常への耐性が下がる」などトレードオフが発生するものばかりで、後から手に入る装備品が一方的に強いということは全くない。状況や戦闘スタイルに応じた装備を模索していくのが悩ましくも楽しい作りとなっている。
ughero-equip

装備品によるパラメーターの変化は割合ベースとなっている。どれもメリットとデメリットがあり“無難に強い”ものは存在しない

こうした要素により、装備品とアクティブスキル、パッシブスキルのシナジーを考えつつ戦略を立てていくのがバトルの醍醐味だ。主人公が敵に状態異常を付与し、状態異常になっている敵へのダメージが増加するパッシブスキルを備えたミラが攻撃、といったキャラクター間の連携も戦術の要となる。各階層には倒すのが必須ではないエキストラボスも存在しており、白熱のバトルを存分に堪能することができる。
ughero-passive

さまざまな条件で発動する多彩なパッシブスキルでバトルを有利に進めていくのも醍醐味

ほかにも通常の防御力と防御した際のダメージ軽減率のパラメーターが別に存在したりと、なかなかに凝ったシステムが特徴。そのぶん要素が多く少々とっつきにくい印象も否めないが、筆者がプレイした感触としては最初はひとまず細かい点は気にしなくても問題ない。戦闘画面やメニュー画面ではその場に応じたヘルプを実際の画面に重ねて表示できるといった配慮もあるため、プレイしながら少しずつ把握していくとよいだろう。
ughero-help

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。