ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「リンキン・パーク」を語る! 実はガンダム好き?

「リンキン・パーク」を語る! 実はガンダム好き?
J-WAVEで放送中の番組「MITSUBISHI JISHO MARUNOUCHI MUSICOLOGY」(ナビゲーター:グローバー)。個性豊かなゲストたちが、毎回1組のレジェンド・ミュージシャンをテーマに熱い音楽談義を繰り広げるこの番組。8月12日(土)に取り上げたミュージシャンは「LINKIN PARK」です。

先月、突然の訃報が世界中を駆け巡りました。7月20日、41歳でこの世を去ったLINKIN PARKのボーカル、チェスター・ベニントン。彼の残した歌声、存在感、圧倒的なパフォーマンスについて、ロック・ジャーナリストの有島博志さん、go!go!vanillasのギタリスト・柳沢進太郎さんが熱く語りました。

LINKIN PARKはロサンゼルス出身のバンド。メンバーは、チェスター・ベニントン(Vo)、ロブ・ボードン(Dr)、ブラッド・デルソン(Gt)、フェニックス(Ba)、ジョー・ハーン(DJ)、マイク・シノダ(Vo/Gt)。2000年にリリースした1stアルバム「Hybrid Theory」が大ヒットし、2001年にもっとも売れたアルバムに認定され、グラミー賞も2度獲得。2000年代にデビューしたロックバンドの代表格であり、今でも圧倒的な人気を誇っているモンスターバンドです。

ミクスチャーバンドはこれまでもたくさん出てきていましたが、他のバンドとの違いを「歌詞ですね。特にこのへんの『Rage Against the Machine』とか『Deftones』とかっていうバンドは、基本的に口汚い言葉、“Fワード”とかバンバン出てくるでしょ。(LINKIN PARKは)まったく使ってないんですよ」と有島さん。

アメリカでは、未成年にとって不適切な表現が含まれているCDには「Parental Advisory」というステッカーが貼られるのですが、LINKIN PARKのCDには貼られていません。「ということは、向こうで子どもたちに親がそのCDを買い与えるんですね。そこが僕はすっごい上手いなって」(有島さん)

有島さんが初めてLINKIN PARKを聴いたのは、まだ日本でリリースされる前だった「Hybrid Theory」のCD-R。最初の「Papercut」と「One Step Closer」の2曲を聴いただけで衝撃を受けた有島さんは、担当者に「なんで日本版を出さないの?」と聞くと、「まだアメリカの様子を見てから」という返答が返ってきたそう。そのため有島さんは毎月のように当時の洋楽部のトップの方に「LINKIN PARKを出せ!」と電話していたそう(笑)。すごい熱量ですね。

一方、go!go!vanillasの柳沢さんがLINKIN PARKを知ったのはYouTubeで、中学1、2年生の頃だったそう。「自分がその当時好きだったアーティストのMVを見てると、関連動画で知らないアーティストの動画がどんどん出てくるじゃないですか。それで初めて『Faint』っていう曲に出会ったんです」と話します。「『Faint』のMVは“カッコいい”に振り切る! みたいな。ライブを想像させる意味で相当、力を使ったMVだと思います」と語ります。

当時、すでにバンドを始めていた柳沢さんはそのミュージックビデオを見て、「この感じを自分もやりたい!」と思ったそうです。go!go!vanillasからは想像できない、柳沢さんの意外なルーツが明かされたのはないでしょうか。

そしてトーク中、有島さんからメンバーの意外な裏話も聞くことができました。サウンド、歌詞だけでなくCDのアートワークやミュージックビデオでも“カッコいい!”と思わせてくれることの多いLINKIN PARK。その中には日本人に馴染みの深いガンダムとのコラボも。

「DJのジョー・ハーンは本当にガンダムが好きなんですよ。秋葉原にあるガンダム・カフェにも、来日したときにお忍びで行ってますし。初来日のときに、懇親の意味も含めて『外苑前で飯食おうか』って行って、僕の横に座ってたのがジョー・ハーンだったんですよ。ずーっとガンダムのプラモデルを作ってるんですよ」と明かす有島さん。それもご飯にほぼ手を付けずだったそう(笑)。

番組後半では、有島さんからLINKIN PARKに対するこんな熱い思いも語られました。「今でもほとんどの方が、やっぱりチェスターに対する悲しみ、これは癒えるわけがないと思うんです…やっぱり時が経たないと。それは僕もまったく同じで、未だに泣きそうになりますからね」と有島さん。ニューヨークでテロが起きたとき、全世界的に海外出張禁止令が出ている中でも、法の目を潜るかのようにLINKIN PARKに会うために海外に行っていたという有島さん。それくらい思いの深いバンドだそうです。

今回はライブについて語り合う前に、残念ながら時間切れ…。ということで、次週も引き続きLINKIN PARKについてのアツいトークをお送りします! 有島さんからまたまたメンバーの裏話が聞けるかも!? お楽しみに!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「MITSUBISHI JISHO MARUNOUCHI MUSICOLOGY」
放送日時:毎週土曜 17時−17時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/musicology/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。