ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サボってる人間に「伸び悩んでる」なんて言う資格はない――勝率9割の“プロギャンブラー”のぶき氏がこの仕事を選んだワケ

大学卒業後、ギャンブラーとして15年間、世界をさすらいながら生きてきた男がいる。

勝率は神の領域と言われる9割。出入り禁止となったカジノは数知れず。そんな破天荒な人生を生きる男の名はプロギャンブラー・のぶき。ギャンブルで勝ち続けるために必要な思考力、決断力、行動力はそのまま仕事や人生で成功するために必要不可欠な要素だ。事実、のぶきさんの元には様々な企業や学校、団体から就職や転職、ビジネスをテーマとした講演依頼が殺到している。今回は自らの人生を振り返りつつ、そこから得た、仕事や人生で勝ち抜くためのメソッドや人生の岐路に立った時の後悔しないための選択法などをたっぷり語っていただいた。f:id:k_kushida:20170808193127j:plain

のぶき(本名:新井 乃武喜)

1971年、東京都出身。大学卒業後、25歳の時にプロギャンブラーを目指して単身アメリカへ渡り、修行を開始。2年後、無敵のプロギャンブラーとなりラスベガスをはじめとする世界中のカジノを周遊。ギャンブルの世界では神の領域とされる「勝率9割」を達成。ギャンブルだけで生活し続け、15年間で世界6周、今まで訪れた国は82ヵ国におよぶ。現在の主な活動はプロギャンブラー人生で得た経験や生き様を伝える講演や、『日刊SPA!』や『Lifehacker』での記事執筆、メディア出演など。著書に『勝率9割の選択』(総合法令出版)、『ギャンブルだけで世界6周』(幻冬舎)がある。 Facebook ブログ

前回は、のぶきさん自身がギャンブル人生から得た「仕事や人生で勝つためのメソッド」について伺った。最終回となる今回は「人生の岐路に立った時の選択法や“伸び悩み”からの脱却法、転職に対する考え方など、後悔しない人生を送るための重要な方法」について最後まで熱く語っていただきます。

人生の岐路に立った時の選択法

──のぶきさんが人生を懸けて取り組んでいたギャンブルは選択の競技だと思うのですが、人生も選択の連続ですよね。特に就職、転職、結婚など人生の重要な岐路に立った時、正しい方を選択するためにはどうすればいいのでしょうか?

僕は人生の大きな岐路に立った場合、「人生選択表」を作るようにしています。作り方はこうです。例えば転職先の会社をA社にするかB社にするかで迷った時は、それぞれの会社に入るメリット・デメリットを主観と客観の両方の視点から時間をかけて全部書き出すんです。デメリットは逆側のメリットへ書き移します。例えば、B社のデメリットはA社のメリットへ書き移します。

新しいメリット・デメリットが書き出せなくなったら、今度はそれぞれに5点満点で点数をつけていきます。この時、自分の人生なので必ず主観でつけてください。他人がA社のここはすごくいいと言っても、自分にメリットは感じなければ0点。逆もしかりで、他人がメリットに感じない点でも自分が最高だと思ったら5点をつけます。そんな感じで点数をつけていってトータルの点数を出して、得点が高いほうの会社を選ぶんです。迷っている場合、点差はわずかです。だから、迷うのです。脳内でなんとなく考えるのではなく、可視化し客観的視点も含め、すべてを洗い出すことが成功への第一歩。自分の決断に対する自信を生み出すことで、入社後に壁が現れても、あの時あれだけ考え抜いてベストな選択と判断したのだからと後悔することはないし、頑張れるんです。

“伸び悩み”からの脱却法

f:id:k_kushida:20170808193010j:plain

──伸び悩んでるというか成長の実感が得られずに悩んでいるビジネスマンに対してアドバイスをお願いします。

毎日頑張っているなら、必ず成長しています。わずかずつ成長しているのを実感するのは難しいだけのことです。気にしないでください。それでも、伸び悩んでいると思うのなら、休日含めてここ最近の自分の生活を振り返って1時間単位ですべての行動を書き出してみてください。おそらくスマホでゲームをしているとかテレビをぼんやり見ている時間があるはずです。そういう人はそりゃ伸び悩んで当然ですよ。サボってる人間が伸び悩んでるなどと言う資格はないです。そのサボってる時間に自分を高めることはいくらでもできます。常に成長している人は1分単位で時間を無駄にせず、目に見えないところで成長するための努力をしているんです。

僕自身も伸び悩むということはなかったのですが、ギャンブラーを15年間やめられなかった理由の1つは日々、成長を感じられたからです。前にもお話しましたが、例えば勝った後にもかかわらず何かミスがあったはずだと毎日1人反省会を行ったり、昨日の自分に勝つためには、もっと上に行くためにはどうすればいいかを常に考えて、実践していました。それをきっちりできるかできないかで次の伸びが変わってくるんです。それができればさらに上へ、2位以下が追随できないところまで行けるんです。

僕は日本に帰って来てからは講演やトークを数多くやり、TEDxにも登壇できましたが、すべてのご依頼に対し、やれることは全部やったと言い切れます。目標達成のために大事なのはこの「やりきる」ということに尽きます。自分も楽しいし、ベストを尽くしてるからみんなが喜んでくれる。そうすれば次に繋がるんです。

“運の波”などない

──ギャンブルでも人生でも仕事でも成功するには運が必要だとよく言われます。よく今は運気が悪いけどこれからよくなるとか、今いい運の波が来てるとか言いますが、実際のところ、“運の波”というのは存在したり、感じることはできるのですか?

これははっきり言った方がいいと思うのですが、人生でもビジネスでも将来の運の波は絶対に読めません。あるのは過去の波だけで、瞬間ごとにリセットされます。未来予知が不可能なのと同じで、この先幸運なことが起こるとか不運なことが来るなんてことは誰にも一切わかりません。両方起こりえます。ゆえに「今いい波来てるな」ということもありえません。「今いい波が来てた」という過去の話なだけです。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。