ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

いよいよ本日開幕!今年のヨコハマトリエンナーレは「島と星座とガラパゴス」がテーマ

yokohama triennale3年に1度、横浜で開催される現代アートの国際展、ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」が、今日開幕しました。

横浜美術館、横浜赤レンガ倉庫1号館、横浜市開港記念会館を会場に、国内外の話題作が公開されるこちらは、夏休み大注目のイベント。

今年は「接続」と「孤立」をテーマに、相反する価値観が複雑に絡み合う世界の状況をふまえて、約40組のアーティストの作品を展示します。

ジョコ・アヴィアント『善と悪の境界はひどく縮れている』

yokohama triennale

なおタイトルにある「島」「星座」「ガラパゴス」は、接続や孤立、想像力や創造力、独自性や多様性などを示唆するキーワード。

今回はこれらを手がかりに、人間の想像力や創造力がどのような可能性を拓くことができるのか…そんな新たな視点を横浜から発信していくそうです。

なかにはこんなふうに無料で閲覧できるものもあるので、気になる方はまずここから始めてみては?

アイ・ウェイウェイ『安全な通行』

yokohama triennale

チケットは3つの会場に会期中1回ずつ入場できるシステムで、鑑賞券の料金は一般の当日券が1800円、大学・専門学生は1200円、高校生は800円、中学生以下は無料となっています。

開催期間は8月4日(金)~ 11月5 日(日)。

展示作品や休日情報など、イベントの詳細は下記サイトをチェックしてくださいね。

五感を刺激するモダンアートに、あなたのクリエイティブ心に火が付いちゃうかも!?

yokohama triennale

ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」
http://www.yokohamatriennale.jp/2017/

イベント(まとめ)

生活・趣味
ISUTAの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。