ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スタディサプリ 一流講師が伝授! 志望校への近道が見つかる! 夏休み受験勉強法

受験の夏まであと1か月。

 

この夏をどう使って勉強するか、もう決めましたか?夏休みに入ってから決めればいいや…と思っているなら、ちょっともったいないかも。

 

夏はたったの40日。

 

時間が限られている受験生だからこそ、効率よく勉強をしてほしい。

 

そこで、志望校へ近づくための夏休みの受験勉強法をスタディサプリ英語講師の関先生に伝授していただきました!

 

キーワードは『まだ間に合う』。

 

この夏の勉強計画をまだ立ててない人、必見です!

  要するに

志望校は大学名で決めて、具体的なイメージを作ろう!

科目ごとに軸を決めて勉強の計画を立てよう

「得意」から取り組むのがコツ!受験に使えるレベルに磨こう

 

「MARCH」と言うだけでは志望校じゃない、志望校は大学名で決めよう!

 

—–この時期、志望校はどのくらい具体的に決めておくべきでしょうか。

 

行きたい大学は絶対に決めるべきです。

 

そして、決めるときは最低でも大学名までは決めましょう。

 

行きたい大学は「MARCH」と答えるのは、付き合いたい人は?と聞かれて高2の女子です、と答えているのと同じです。

 

具体的に大学が思い浮かべば当然やる気も変わってくるからね。

 

今MARCHならどこでもいいと思っている人も、例えば実際に青山学院大学を見に行ったら青山学院大学に、立教大学を見に行ったら立教大学に行きたいと感じると思う。

 

ここへ行きたいという気持ちでモチベーションも変わってくるから「私が本当に行きたい大学は●●大学」と具体的に決めましょう。

 

ただし学部は無理して決めなくていい。

 

学校では否定されるかもしれないけれど、僕は「この大学に行きたい」というのも1つ選択だと思うので。

 

それから、第一志望はいつでも変えていい。

 

なぜなら、夏休み前のこの時期に志望校を決めようとすると、現状の自分の偏差値で行けそうなところを選ぶ人が多いから。

 

でも勉強して偏差値が上がったら、もちろん志望校を上に変えていいんです。

 

あと同じレベルなら横に変えるのもOK。

 

ただし、下には変えないこと。

 

第一志望を下に変えた瞬間に絶対モチベーションが下がるから。

 

夏のこの時期なら大逆転だって可能。

 

まだ間に合う、ギリ間に合う。

 

だから安易に下げないこと。

 

スタディサプリ 一流講師が伝授! 志望校への近道が見つかる! 夏休み受験勉強法

 

八方美人はNG。自分に合う勉強の軸を決めて取捨を!

 

—–勉強計画を立てるとき、様々な勉強がある中からどのような基準でプランニングするのがよいでしょうか。

 

勉強計画を立てるとき、様々な勉強がある中からどのような基準でプランニングするのがよいでしょうか。

 

学校、予備校、スタディサプリをやっている人はサプリ、自分で用意した問題集など、勉強するにも色々あると思いますが、まずはどの勉強を軸にするのかを決めるべき。

 

学校の勉強を中心にするのか、予備校やサプリを中心にするのか、自学を中心にするのか。

 

どれもこれも全てをしっかりやろうとすると絶対に失敗する。

 

相性もあるだろうから科目ごとにメインを決めて自分に合った勉強を選ぶのもいい。

 

例えば、国語は学校の補習、数学はサプリ、社会は得意だから自学とか、科目ごとにメインを決めてクリアしていく。

 

軸を決めたら不要なものは思い切って切ること。

 

例えば英語の場合、学校で与えられた問題集をやり、補習にも出て、サプリで英語を取り、自分の問題集もやる。

 

こんなことしていたら失敗するからね。

 

苦手克服の夏、反対。強烈な「得意」の武器を身につけろ!

 

—–夏休みの受験勉強は苦手なもの、得意なもの、どちらから着手するとよいでしょうか。

 

絶対得意なものから。

 

苦手克服の夏って言いやすいし、なんとなく弱点があると埋めたくなるんですけど、苦手なものって自分ではうまくできないから苦手なわけで。

 

自分でうまくできないものに時間をかけていたら延々と空回りをする。

 

だから、得意分野を受験で合格できるレベルまで引き上げるのが先決。

 

ちなみに、得意が伸びると苦手が苦手じゃなくなる可能性があるんです。

 

例えば同じ科目の場合、得意分野は比較的勉強のコツがつかみやすい。

 

そのコツを使えばわからないと思っていた苦手分野が理解できるということがあるんです。

 

だから「夏は得意」から。

 

もし苦手分野が9月になっても全然出来なかったなら、その時やればいいです。

 

あと、受験勉強を続けていくには勢いとかモチベーションが大事なわけだけど、それらを得るにも合格レベルの得意分野があるというのは強烈な武器になるから。

 

もし科目間で得意と苦手がある人は、英語、数学それから2次試験でも使う科目など主要科目から合格レベルに達するよう勉強を進めよう。

 

スタディサプリ 一流講師が伝授! 志望校への近道が見つかる! 夏休み受験勉強法

 

国公立志望の「万遍なく勉強」は要注意!

 

—–志望校が国公立の場合と私立の場合では夏休みの勉強法に違いはありますか。

 

基本的には変わりません。

 

英語でいうと、最近では早稲田大学で出題された英文と、東京工業大学で出題された英文がまったく同じだったんですよ。

 

つまり、私立か国公立かで英文に違いはない。

 

だから、勉強法にも違いはないんです。

 

私立・国公立どちらであっても、夏はまず読めるようになることが大事。

 

読めるようになるためには、単語と文法、英文解釈が必須なので、7月中に英文法を一通り終わらせるのを1つの目安にしてほしい。

 

スタディサプリの夏期講習を使うなら、7月中に僕の高3 スタンダード&ハイレベル英語または高3 トップ&ハイレベル英語は終わらせよう。

 

それから学校で配られる演習問題集までやれれば7月中に英文法は終わるからね。

 

1つだけ、国公立の人に気をつけてほしいのは、全ての科目を万遍なくやろうとしないこと。

1 2次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。