体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Interview with Liam Hodges

Liam Hodges_NeoL1 Liam Hodges_NeoL2 Liam Hodges_NeoL3

2014SSコレクションでのデビューから、ロンドンのファッションシーンに欠かせないブランドとして注目を集め続けるLiam Hodges。特徴的なビッグシルエットに無二のグラフィックセンス、手のこんだパッチワークーーその独創性に共鳴するかのようにドレイクやFKAツイッグスらからも支持を受ける彼の最新の2018SSコレクションがLONDON FASHION WEEKにて発表された。キーワードは“NOISE”。彼がその言葉に込めた意味とは。そしてそのクリエイションの背景について話を聞いた。

——まず最初に言わせてください。あなたの服を去年ロンドンで着ていたら、「カッコいいね!どこで買ったの?」「欲しかったやつ!」など、たくさんの人からいきなり声をかけれてビックリしました(笑)。こんなに多くの人を惹き付けるあなたのデザインの魅力とは何だと思いますか?

Liam「あはは。僕にはわからないけど、多分形じゃないかな。プロポーションがドンと大きくて、すごくヘヴィーなところとか。あと、もしかしたらパッチワークとか、そういった構造かもね」

——確かにビッグシルエットはあなたの特徴ですよね。何がきっかけで大きなサイズの服を作ろうと思うように?

Liam「まず僕が大きいから(笑)。そして若い時、友達と一緒に住んでいたんだけど、彼らがよく僕の服を勝手に着ていて、僕よりも似合っていたんだよね(笑)」

——(笑)。グラフィックデザインのセンスも素晴らしいですが、どこからインスピレーションを得るのですか?

Liam 「どこからかグラフィックを見つけてそれの自分ヴァージョンを作る時もあるし、多くの場合は自分でグラフィックを作って、それをVHSといったローファイの機材のフィルターに通して、そのスクリーンショットを撮る。それによって、歪みが生まれるんだ。それをスクリーンプリントに持っていくと、さらに変化が生まれる。あのデザインになるまでに、様々なプロセスを経ているんだよ」

——ローファイというと、あなたは以前zineも作っていましたよね。その経験が現在の活動に何かしら影響を与えていると思いますか?

Liam「カット・アンド・ペイストっていうのは、僕のもの作りの方法の一つなんだと思う。ああいうローファイっぽい感じが好きなんだ。もしグラフィックをコンピューター・プログラムで作ったとしても、僕はそのスクリーンの写真を撮る。そうすることで、自然な何か、そして自分がコントロール出来ない要素が加わって、捻りが生まれるからね。ちょっとした歪みが好きなんだ。予測不可能なものがね」

Liam Hodges_NeoL4 Liam Hodges_NeoL5 Liam Hodges_NeoL6 Liam Hodges_NeoL7 Liam Hodges_NeoL8 Liam Hodges_NeoL9

——洗練されすぎているものではなく、引っかかりがあるものが好きなんですね。

Liam「そう。予測出来ないものを受け入れるということも、違った意味でひとつの洗練だとも考えられるしね。僕は、完全に何かをコントロールするよりも、物事を自由に起こさせるほうが好きなんだ。何かをコントロールしてしまっては磨かれすぎてしまうし、クリーンになりすぎてしまう。自然に生まれたもの方が興奮するんだよ(笑)。何が起こるかを把握したくないんだ」

——あなたが好きな音楽、ヒップホップやパンクもまさにそのようなタイプですよね。

Liam「そうだね。最近ではUKのグライムがもっとパンクになってきていると思う。以前のヒップホップやパンクと同じエネルギーを持っていると思うんだ。パンクは音楽よりも、”そんなのイチイチ気にしてらんねえ!”っていう姿勢だから(笑)」

1 2 3 4 5 6次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。