体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ニュージーランド南島・その2】野生動物はやっぱりかわいい! あと大自然

日本と季節が真逆の南半球ニュージーランド。
冬のはじまりの6月頭に、”ニュージーランドのエディンバラ”と呼ばれる『ダニーデン』を中心にサウスランド、ワイタキ地方を巡りました。

本記事では、見に行くことができる野生動物と自然をご紹介します。

その他、ニュージーランド南島についての記事はこちらからご覧ください。

【ニュージーランド南島・その1】地元で愛される食のあれこれ
https://getnews.jp/archives/1823476[リンク]

●もくじ●
【1】まずは、服装の話
【2】ニュージーランドと言えば?
【3】レンタカーで回ろう!カトリンズコースト
【4】街の近くでペンギンに会える!リトルブルーペンギンコロニーinオアマル
【5】無数の石の球体が並ぶ海岸とは?
【6】エルムワイルドライフツアーでニュージーランドにしかいない○○に出会う!

【1】まずは、服装の話

冬のはじまりとは言え、すでに最低気温は5度くらい。
夏のはじまりの日本で準備をする際に、一体なにを着ていけば良いのか悩みました。

野生の動植物を見に、海や森に入るにはこのくらいの装備があると良いと思います。
特に海沿いを歩く場合は風が吹くと、体感温度がかなり下がるので服は多めに持っていって損は無いと思います。

【2】ニュージーランドと言えば?

そう、羊。
野性動物ではありませんが、とにかくたくさんいます。

白い岩がたくさんあるなと思ったら、羊。
野生動物を見に出かける途中で必ず目にすることになるのが彼ら、羊。

こんなにたくさんの羊に見つめられたのは初めてです。
時に、放し飼いの羊が柵を越えて、道に出て来てしまうことも。

【動画】NZ 道路に出てくる羊(YouTube)
https://youtu.be/q7fagaWK-84


羊が飛び出して来やすい場所には、こんな羊飛び出し注意の看板もあります。

羊以外にも、牛や食肉用の鹿の放し飼いも見かけました。

眺めのいい所だけど、牛がいる。

【3】レンタカーで回ろう!カトリンズコースト

カトリンズコーストは、ダニーデンの中心街から車で2時間ほど走ったエリア。

特に入場料などはかからないので、国際免許を持ってレンタカーでドライブするのが良さそう。
ちなみに、ニュージーランドでも車は日本と同じ右ハンドルで左通行です。

このあたりは、ニュージーランドの南島の南、海の先には南極大陸。

吹きすさぶ風が寒いのもうなずけます。

ナゲットポイント

岸壁の先に灯台のある『ナゲットポイント』に向かいます。

車を降りて、ズンズン歩いた先に灯台が見えてきました。

灯台のその先に見えるのが、“ナゲット”と呼ばれる岩。
その岩の手前の岩場に野生のオットセイがいるとの事で双眼鏡で観察。

かなり距離が離れているので、言われてみれば確かにいる!というくらいですが、それでも初めて見る野生のオットセイに興奮しました。
ガイドの方は肉眼で「あの辺りにいるぞ!」と言っていましたが、探し慣れていない人には見つけられない距離だと思います。ここはちょっと難易度が高い!

1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy