ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「無印良品の小屋」からはじめる、二地域居住の新たなストーリー

「無印良品の小屋」からはじめる、二地域居住の新たなストーリー

ローコストでミニマルな暮らしを叶えてくれる「小屋」。昨今はおしゃれでモダンな小屋の販売も増え、別荘ともテントとも違う非日常体験ができるとあって、小屋暮らしは憧れをもって語られるようになりました。そして今年4月、「無印良品」が小屋の販売をスタート。どのようなデザインなのか、そして、どのような暮らしの実現を目指しているのか、取材しました。

南房総で販売を開始。ミニマルなデザインを追求した「無印良品の小屋」

房総半島最南端に位置する千葉県南房総市の白浜。一年中温暖な気候と豊かな自然環境、オールシーズンでアウトドアスポーツを楽しめることも魅力のエリアです。東京からアクアライン経由で約2時間という利便性もあり、多拠点居住の“二拠点目”としても近年注目度が高まっています。

無印良品はこの場所から、新しい暮らし方の選択肢の一つとして“二拠点居住”を提案するべく、今年4月から“廃校を活用した小屋販売”をスタートしました。同社では2015年に「MUJI HUT」と題し、3名のデザイナーが手掛けた3通りの小屋を東京ミッドタウンで展示しており、今回が初の“商品化”ということになります。開発期間は約1年。「はじまりの小屋。」をコンセプトに、MUJI HUTへの反響を踏まえつつ装飾や機能をミニマルに削ぎ落した、無印良品らしいシンプルな小屋を完成させました。【画像1】屋内9.1m2、縁側3.1m2の小屋。4人までがちょうど良さそうな広さだ。有効面積を最大限確保しながら、ミニマルなデザインを追求するため、ガラス戸は商店などで使用される引き戸をドアと窓を兼ねて採用している(撮影/末吉陽子) 【画像1】屋内9.1m2、縁側3.1m2の小屋。4人までがちょうど良さそうな広さだ。有効面積を最大限確保しながら、ミニマルなデザインを追求するため、ガラス戸は商店などで使用される引き戸をドアと窓を兼ねて採用している(撮影/末吉陽子)【画像2】大きな窓は南房総の風景を切り取るピクチャーウィンドウでもある(撮影/末吉陽子) 【画像2】大きな窓は南房総の風景を切り取るピクチャーウィンドウでもある(撮影/末吉陽子)【画像3】斜め後ろ(左)と真横(右)から見た小屋。“引き算”のデザインにこだわったというが、直線的なデザインがなんともカッコいい(撮影/末吉陽子) 【画像3】斜め後ろ(左)と真横(右)から見た小屋。“引き算”のデザインにこだわったというが、直線的なデザインがなんともカッコいい(撮影/末吉陽子)【画像4】すべて国産の木材を使用。外壁は強度を高めるため日本の古い技術「焼杉」を取り入れるなど、昔ながらの手法も活かしている。オイルステインで仕上げることで、防腐性や耐久性を高めている(撮影/末吉陽子) 【画像4】すべて国産の木材を使用。外壁は強度を高めるため日本の古い技術「焼杉」を取り入れるなど、昔ながらの手法も活かしている。オイルステインで仕上げることで、防腐性や耐久性を高めている(撮影/末吉陽子)【画像5】DIYの楽しみを残すため、床もモルタル仕上げにして改装しやすくしている。内壁は無塗装で仕上げているので、好きなようにペイント可能。また、12ミリと十分な厚さがあるため棚も取り付けることができる(撮影/末吉陽子) 【画像5】DIYの楽しみを残すため、床もモルタル仕上げにして改装しやすくしている。内壁は無塗装で仕上げているので、好きなようにペイント可能。また、12ミリと十分な厚さがあるため棚も取り付けることができる(撮影/末吉陽子)【画像6】シラハマ校舎での完成イメージの模型。今年8月から引き渡しを進め、全21棟を販売する予定。売却する場合は、一戸建て住宅と同じような手順で、借地権の更新も可能とのこと(撮影/末吉陽子)

【画像6】シラハマ校舎での完成イメージの模型。今年8月から引き渡しを進め、全21棟を販売する予定。売却する場合は、一戸建て住宅と同じような手順で、借地権の更新も可能とのこと(撮影/末吉陽子)

白浜町だからこそ叶う、自然と人がつながる拠点づくり

無印良品の小屋が分譲される千葉県南房総市白浜町の魅力について、「日常と非日常が交錯する特別なところですね」と話すのは、現場担当者である良品計画の高橋哲さん。

「白浜は雄大な海とさまざまな木々に囲まれた自然を間近に感じることができる場所です。また、海産物はたくさんありますし、今回は『菜園付の小屋』として販売をしますので野菜をつくったり果樹を植えたりすることもできます。週末の旅行というと、時間も限られた中ですので、どうしても観光地を巡るという形になりがちです。その一方で小屋での暮らしはその土地を深く知る、いわゆる都市と地域との交流が生まれます。定期的に通うことで、これまで接する機会がなかった人同士の交流が生まれるんです。単なる旅ではなく、二拠点居住や移住に向けた最初の一歩にしてもらいたいです」(良品計画・高橋哲さん)【画像7】良品計画の高橋哲さん。現在、シラハマ校舎の現場担当者を務めているが、自身も南房総市に隣接する鴨川市に移住しており、“一人事務所”で働いている。「緑に囲まれて鳥のさえずりが聞こえて…仕事が捗って仕方ありません」と話す(撮影/末吉陽子)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。