体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Interview with Nadia Bedzhanova

Nadia_NeoL photography : Sofia Tesmenitskaya

ロシア出身、ニューヨークを拠点とするフィルム・ディレクター、Nadia Bedzhanova。彼女の映像作品は儚く、どこかノスタルジックで、するりと記憶をすり抜けていく美しい夢のようだ。独特の間と親密な会話、透明なヴィジュアルーー観る者を瞬時に惹き付けるこのような映像をどのように生み出しているのか。インスピレーションから手法に至るまでを聞いた。

——まず、あなた自身のバックグラウンドを教えてください。

Nadia「ニューヨークを拠点として7年くらい経ちます。最初は地元のモスクワで、その後ニューヨークに移って勉強しました。大変だけど素敵な旅のような人生を楽しんでいます。現在はLower East Sideにいるけれど、街の中で最も古くてクールなエリアが壮大な変化を遂げる経過を目の当たりにできてすごく幸運だと思います。街の音、匂い、スケーター、ハト、ゴミで囲まれた美術館やチャイナタウンを通して街を感じることは創作の刺激になっています」

ーーあなたの映像は青みがかった色が特徴的だと思います。絵画など、なにか自分が好きな作品の影響はありますか。また、インスピレーションの源は?

Nadia「ピカソの“Blue Period”が好きなのですが、作品との関係性は全く考えていませんでした。無意識に、青色にモチーフがあるのかもしれません。なぜなら、モスクワみたいに、ニューヨークの冬みたいに、人々の心みたいに、冷たいから。
Man Ray、Marcel Duchamp、Egon Schiele、Pink Floydと、Maya Derenは私の永遠のインスピレーションです。
撮影中は、雰囲気、登場人物間の関係や、彼らがどういう気持ちか(快適であるか、何を考えているのかなど)を主に考えているので、暖色か寒色か、明るめにするか暗めにするかを判断するのはその後の作業です。デジタルと8ミリや、レッドカメラとiPhoneのように形式を混ぜるのも好きです。編集のプロセスはとても楽しいんです、作品との特別な関係が育まれる時だから。映像作品を作ることは私にとって至上の喜びです」

THINGS I LIKE ABOUT YOU / Trailer from Nadia Bedzhanova on Vimeo.

Nadia2_NeoL photography : Sofia Tesmenitskaya

——ドキュメンタリーのような作品も多いですが、全てに脚本があるんでしょうか。

Nadia「主題のためにもなるべく自然な環境を作ろうとしてます。役者でもストリートキャストでもカメラと良い関係を作るためには自然な環境が必要ですから。ぶっつけ本番でやらせたり、撮影で好きなことをしてもらうのはとても楽しいんですよ。私が少しだけ先取している、ダブルバインドゲームのようなものだと思っています。
実は、”Things I Like About You“は編集中にできたものなんです。パリ(モノローグの部分は除いて)とモスクワで思いつきで撮影して、後に短編映画にしようと決めました。モスクワでの”relationship”と真逆である”beginning of relationship“の部分はニューヨークで撮影しました。そして最後はロサンゼルスで、アリエルの誠実で感情のこもったモノローグ(Juniorとの対話)を撮ったんです。私のパーソナルな旅によって計画は変化していきました」

——脚本がある場合、どのようにその脚本に登場人物を沿わせていく工夫をしていますか。

Nadia「登場人物ひとりひとりを自分に置きかえてみて、彼らがどうやって生き、考えるかをトレースします。そして、彼らの性格を想像した上で、頭の中で彼らと会話をしたりします。“Headlong”ではそれが自然と頭に浮かんできました。もちろん後で調整や編集を行ったり、いくつかの冗談も盛り込まないといけないんですけどね」

——全ての作品に独特の間があり、それがドラマティックさを助長していると思います。間の重要性について、あなたの見解を教えてください。

Nadia「まず、言葉よりも、見せることの方が大切だと思います。映画を観るときは、絶え間ない会話を聞くのではなく、映し出されているものを観ますよね。そこでは雰囲気というものが重要です。例え、電話の雑音だとしてもね。言葉がなくても伝わることってあると思うんです」

——作品に“儚さ”がつきまとうのはなぜなんでしょうか。

Nadia「私は不安や恥じらいが好きなんです、“Headlong”の女の子たちのような。時として、その不安や恥じらいで登場人物がとても壊れやすいような繊細さを帯びるように思います。しかし新しい作品では、現代的な強い女性像を描いていています」

——若者を取り上げた作品が多いですが、それは意図的ですか。

Nadia「ユースにはとても興味があります。特にロシアやソ連崩壊後の国の若者。彼らは、西洋と付き合いもなく、関心ももはや全くありません。彼らは独自のアイデンティティを持っています。豊かな才能を持ち、自分自身の人生にこそインスパイアされている完全に異なるジェネレーションです」

Headlong / Глубже Short Film from Nadia Bedzhanova on Vimeo.

Nadia3__NeoL photography : Sofia Tesmenitskaya

——被写体に求める、または惹かれる要素は?

1 2 3 4 5次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。