ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Meizu MXのクアッドコア版(MX4)はSamsung Exynos 4412 1.8GHzを搭載

5月頃に発売予定とされる中国MeizuのAndroidスマートフォン「Meizu MX」クアッドコア版のスパイショットが公開されていました。Meizu MXクアッドコア版はまだ発表されていませんが、名前は「Meizu MX4」で、SoCにはSamsungのクアッドコアプロセッサー「Exynos 4412」が使われると伝えられていました。画像のCPU型番には「Exynos 4412」と表示されています。Exynos 4412のCPUクロックは仕様では最大1.5GHzとなっていますが、MX4では1.8GHzに設定されているそうです。SoCだけではなく、バッテリー容量も2,500mAhにアップされているそうです。OSはAndroid 4.0のカスタマイズバージョンが搭載されると伝えられています。Source : CNMO


(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、ヱヴァンゲリヲンコラボモデル「SH-06D NERV」の特設ページを公開
Galaxy S(GT-I9000とGT-I9000B)向けCyanogenMod 9 Nightlyビルドの提供が開始
auが大リーグボール養成スマートフォン「MAKYU01」を発表!

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。