ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

話題の「マインドフルネス」って一体なに? マンガで分かるその内容

話題の「マインドフルネス」って一体なに? マンガで分かるその内容

「マインドフルネス」が世間で広まっている。

これは「今の瞬間に判断をしないで、意図的に注意を払う」という心と脳の状態のことで、ストレスを軽減するなど、心の安定に関する科学的な効果が証明されている。特に、世界的IT企業のグーグルが能力開発のプログラムとしてマインドフルネスを採用したことで注目を集め、2012年以降はフェイスブックやフォードなど、世界各国の企業に導入されている。

しかし「今の瞬間に判断をしないで、意図的に注意を払う」という心の状態を文字で解説されてもチンプンカンプンだ。

ならば『マンガでわかる グーグルのマインドフルネス革命』(サンガ編集部編、方喰正彰原作、花糸イラスト、荻野淳也製作協力、サンガ刊)でマンガを通して知るのも一つの手だ。

グーグル社内で開発されたマインドフルネスのプログラムは、日本でも認定された講師によってセミナーが行われている。

本書では、グーグルのマインドフルネスのプログラム「Search Inside Yourself(SIY)」をスムーズに理解するために、日本でSIYの普及に努めている人たちを主人公に設定した物語形式で、マインドフルネスについて解説している。

「SIY」は、グーグルの107番目の社員で、グーグル初期の検索エンジニアのアルゴリズムを開発したエンジニアであるチャディー・メン・タンイ氏が、2007年から開発を始めたという。グーグルの社員が仕事の生産性を上げ、リーダーシップを発揮し、心身の健康を向上させることを目指すものだ。

「SIY」で実践されるマインドフルネス瞑想は、呼吸に注意を向け続けることによって、注意力を養うトレーニングである。今の呼吸に注意を向けることで、過去や未来への不安や恐れ、余計な考えごとや雑念を軽減し、クリアな頭・心を実現していく。

マインドフルネスの効果は、科学的な研究によって実証されているという。

例えば、不安や不眠などの精神的に困難な状況を改善したり、感情のコントロールができるようになるといったことがあげられる。

また、思いやりや共感といった心理的機能の活性は、チームワークの向上にもつながり、アイデアがどんどん生み出せるチーム作りができるようになるだろう。

イノベーションを起こし続けるチームを作るならば、マインドフルネスを取り入れてみてもいいはずだ。

マインドフルネス初心者のための導入編ともいえる本書。マンガも交えてわかりやすい内容となっているので、本書をきっかけにグーグルのマインドフルネスを試してみてはどうだろう。

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

あなたは優秀?それとも… 自分の知的能力レベルがわかるテスト

大人の「人見知り」 その原因となり得る10の思考パターン

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。