ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【激ウマこだわりレシピ】ルーを使わずに作る「洋食屋さんのビーフカレー」【東京カリ~番長】

f:id:Meshi2_IB:20170426171909j:plain

でらいつカレーvol.7 「市販のルーを使わずに作る、洋食屋のビーフカレー」のつくりかた

前回、前々回と4種類のスパイスだけで作る、いわゆる「スパイスカレー」をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? おいしかったですか?

……というか、作ってみていただけましたか?

作ってないという方は、やっぱり、クミンとかコリアンダーとか、単品スパイスを買うのにまだ抵抗があるって感じなんですかね?

昨年出した東京カリ~番長のレシピ本『世界一やさしいスパイスカレー教室』(マイナビ出版)は、ありがたいことに増刷を重ね4刷り目を迎えました。

f:id:Meshi2_IB:20170426171910j:plain

少なからず、このレシピ本が売れた数だけ、“スパイスだけで作るカレー”を作る人がいるはずなのですが、これを買ってもやはり、スパイスをひとつひとつそろえるのが大変とか、面倒くさいとか言って、結局作っていない人も結構いるようなんですよね……。実際のところ……。

ワタクシとしてはカナシー現実なのですが、まーまーまー、そこをグダグダ言ってもしょうがないです。

ということで(どーゆーことだ)、今回のレシピは、もうちょっとスパイス的なハードルを下げて、過去の「でらいつカレー」でも何度か取り上げた、カレー粉(カレーパウダー)で作るカレーを紹介しましょう。

カレー粉は比較的汎用性が高いですから、買っておくと便利ですよ。

(ホントは単品のスパイスだって汎用性は十分あるんですけどね)

おっけー! 気を取り直して、今回のカレーはコレでいきましょう!

「カレー粉で作る、ビーフカレー!」

「ビーフカレー」の材料

f:id:Meshi2_IB:20170426171911j:plain

今回使う食材はコレ!

意外とシンプルでしょ?

材料(2人分) 牛肉(肩ロース/ステーキ用):350g 玉ねぎ:中1個 トマトピューレ:大さじ2 野菜ジュース:200ml ※小麦粉:大さじ3 にんにく:1片 しょうが:1片 ウスターソース:小さじ2 カレーパウダー:大さじ1 カシスジャム:小さじ1/2

いつもの通り、スムーズな調理のため、下ごしらえをしましょう。 にんにく、しょうが:すりおろして水で溶いておく 玉ねぎ:繊維方向に2~3mmの厚さにスライス 牛肉:脂身の部分は切り落とし、特大の一口サイズ(50~60g)に切る

それぞれこんな感じです。

f:id:Meshi2_IB:20170426171912j:plain

▲にんにくとしょうがをすりおろした状態

f:id:Meshi2_IB:20170426171913j:plain

▲すりおろしたにんにく、しょうがを70~80mlの水(材料外)で溶いた状態

f:id:Meshi2_IB:20170426171914j:plain

玉ねぎは繊維方向に2~3mmの厚さでスライス(長さは1/2にカット)します。

薄ーく切る必要はありません。

切り方は、まず繊維と垂直方向に1/2に切った後、繊維方向に2~3mmの厚さでスライスする。

f:id:Meshi2_IB:20170426171915j:plain

牛肉は特大の一口サイズ(50~60g)。脂身だけの部分は切り落とします。

f:id:Meshi2_IB:20170426171916j:plain
1 2 3 4 5 6 7次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。