ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「シャドウバース」はなぜTCGを更新できたのか? 「シャドバフェス」レポ

「シャドウバース」はなぜTCGを更新できたのか? 「シャドバフェス」レポ
「シャドバフェス」
Cygamesがおくる本格スマホカードバトル「Shadowverse」(シャドウバース)初の大型イベント「シャドバフェス」が、5月6日(土)から7日(日)の2日間にかけて千葉・幕張メッセにて開催されました。

ゲーム好きだけに限らず、大人から子供まで幅広いプレイヤーを抱え、日本でのデジタルカードゲーム(DCG)の人気を一気に押し上げた「シャドウバース」。

両日合わせて約1万人を超えるプレイヤーが来場したという本イベントで、いったい何が行われていたのか?

そして、なぜリアルで会う必要のないDCGのイベントに1万人を超える人々が集まったのか?その全貌をレポートします。

写真:稲垣謙一

「シャドウバース」って?


2016年6月より、Cygamesから配信されているカードゲーム「シャドウバース」。

スマートフォン向けのアプリとして始まりましたが、その後、DMM GAMESやSteamなどからも配信され、PCでも遊べるようになっています。

美麗なイラスト、そして人気声優によるフルボイス仕様はもちろん、緻密なカード設計が生む高度な心理戦が多くのプレイヤーを生み出し、日本や韓国をはじめ世界150カ国でも配信。

5月には開始から1年と経たず900万ダウンロードを突破、初の日韓国際試合が開かれるなど、世界中で人気を集めています。

いきなり展示の豪華さに圧倒される

あちこちを埋め尽くす人の群れ

そんな「シャドウバース」が初めて開催した大型のリアルイベント「シャドバフェス」。入場が無料だったということもあってか、早朝から多くのプレイヤーが列をつくり、会場内はスタートと同時に大賑わいでした。

誰もが剥きたいカードパック

会場に足を踏み入れると、早速巨大な「スタンダードカードパック」のオブジェや、これまでの豪華絢爛なイラストがお出迎え。

でかい!

正直に打ち明けると、筆者はTCG/DCGプレイヤーですが、メインでプレイしているのはblizzard社の「ハースストーン」。「シャドウバース」ももちろんプレイしたことはありますが、そこまで詳しいわけではありません。

ここではネクロマンサーのカードが一挙に

そんな筆者でも、イベント実施日までの最新カード700枚以上が全て展示されたこのエリアを目の当たりにすると、ただただ圧倒されます…!

とにかくキャラクターが可愛いし、普段はデジタル画面にうつるキャラクターが、実際のカードとして観れるのもリアルイベントならでは。プレイヤーでない方でも楽しめるエリアになっていました。

白熱する対戦スペース

戦ってる
会場にはもちろん対戦スペースも完備。

先鋒、中堅、大将それぞれが同時にバトルし、勝ち数の多いチームが次の試合に進める「チーム大会」や、ランダムに表示される2種のカードを選択し続け、即席のデッキを構築して対戦する「2Pick」の大会も実施されました。

ホールいっぱいに用意されたテーブルでは、両日合わせて1700人ものプレイヤーが両大会に参加。その熱気が数字でも伝わってきます。

2Pick大会

特に白熱していたのは「2Pick」。「シャドウバース」ならではとも言えるこのルールでは、トーナメントを駆け上がっていく出場者による注目の試合を
「フィーチャーマッチ」として、実況解説つきでレポートする特設ステージも。

また、普段DCGはネットでの対戦が基本となるので、目の前にライバルプレイヤーが座っている状況は新鮮だったはず。

対戦後のプレイヤーに話を聞けば「ドローの瞬間には顔色をうかがってしまったり、対戦前後には握手を交わしたりしました」と、普段とは違った(──でも、TCGでは当たり前の)駆け引きや交流が生まれるのもDCGにおけるリアルイベントの魅力だと思えます。

テーブルもオシャレ
1 2次のページ
KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。