Google、Android Payに顔認識技術を活用した決済機能「Visual ID」を導入へ

access_time create folderデジタル・IT
Google が Android スマートフォン向けの “おサイフケータイ” サービス「Android Pay」に顔認識技術を活用した決済機能「Visual ID」を導入しようとしていることが APK ファイルの分解調査によって判明しました。Visual ID は Android Pay アプリで撮影したユーザーの写真から「フェイステンプレート」と呼ばれる抽象化した識別情報とレジの Visual ID カメラで撮影したユーザーのフェイステンプレートを照合することで決済を可能にしている模様です。Visual ID のようなユーザーの顔で決済できるサービスは、Google が米国のベイエリアでパイロットテストを実施した“顔パス決済” 「ハンズフリー」に似ています。現時点では、APK ファイルの XML ファイルに Visual ID の情報が追加されただけで、実際のサービスはまだ利用できませんが、既にテストが終了したハンズフリーの経験から Visual ID を開発したと見られます。Visual ID で心配されるのは偽装による不正使用と写真またはフェイステンプレートの流出です。決済機能なので当然何らかの対策を講じているとは思いますが、この点はしっかり説明しないと不安がられることでしょう。Source : Android Police

■関連記事
Facebookメッセンジャーの軽量版「Messenger Lite」が国内でも利用可能に
Amazonの新型Echoはタッチパネル付き、プレス画像が流出
Preview版ファームウェアを搭載したHuawei WatchにAndroid Wear 2.0の公式版が配信中

access_time create folderデジタル・IT
local_offer

juggly.cn

国内・海外のAndroid(アンドロイド)スマートフォン・タブレットに関するニュースや情報、AndroidアプリのレビューやWEBサービスの活用、Android端末の紹介などをお届けする個人運営ブログ

ウェブサイト: http://juggly.cn/

TwitterID: juggly

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧