ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

果物の鮮度を常時モニタリングできる、本物そっくりのフルーツ型センサーが誕生

スイスのEmpaが開発したフルーツ型センサー東南アジアで栽培が盛んなバナナや、世界全体の約3割がブラジルで生産されているオレンジ、タイやメキシコが主要生産国であるマンゴーなど、遠方から私たち消費者に届けられている果物は少なくない。

一般に、これらの果物を輸送するコンテナには温度センサーが備えられているが、果物の品質管理において最も重要な果物内部の温度変化までは計測できないため、すべての果物の鮮度を適切に管理するには、十分とはいえないのが現状だ。

・本物そっくりの“偽フルーツ”で果物内部の温度変化を計測

レモンの輸送にフルーツ型センサーを同梱する様子スイス連邦材料試験研究所(Empa)の研究チームは、輸送時の果物の温度変化を計測するためのフルーツ型センサーを開発した。

このフルーツ型センサーは、まず、実際の果物をX線でデータ測定し、アルゴリズム解析によって、その果物の標準的な形や柔らかさをシミュレーション。

このシミュレーションをもとに水と炭水化物、ポリスチレンで果肉を再現し、実物そっくりの“偽フルーツ”を3Dプリンターで出力したら、その中心部にセンサーを埋め込む仕組みとなっている。

また、このプルーツ型センサーは、およそ50スイスフラン(約5,600円)という低コストで製作できるのも特徴だ。

・サプライチェーンや輸送プロセスの改善に役立つ

果物を出荷する際、コンテナの中に、フルーツ型センサーを同梱しておけば、ここに埋め込まれているセンサーが“偽フルーツ”の内部の温度変化を常時モニタリング。

実際の果物と近しい“偽フルーツ”の温度変化を計測することで、輸送中の果物の温度変化をより正確に把握できるわけだ。

このように輸送中の果物の温度変化を可視化することによって、サプライチェーンや輸送プロセスなどの改善につながることが期待されている。

研究チームでは、今後、このフルーツ型センサーの計測データをリアルタイムで把握できるよう、通信機能を備えた改良版の開発にも取り組む方針だという。

Empa

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy