体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本橋の“動産活用”コミュニティ拠点「BETTARA STAND 日本橋」とは?

日本橋の”動産活用”コミュニティ拠点「BETTARA STAND 日本橋」とは?

購読者9万人超えのウェブマガジン「未来住まい方会議」。場所・時間・お金にとらわれず、豊かに暮らすためのヒントになる情報を発信し、支持を集めている。

昨年11月末、その運営元である「YADOKARI」が、街の魅力向上と活性化の場としてイベント・キッチンスペース「BETTARA STAND(べったらすたんど)日本橋」をオープンした。“街と一緒に創る・コミュニティビルド” をコンセプトに据え、まちづくりに関連したワークショップやイベントまで、多彩な企画を展開している。今回、「YADOKARI」がネットを飛び出し、初めてリアルな場づくりを目指した理由とは? 代表のさわだいっせいさんと、ウエスギセイタさんにお話を聞いた。

お江戸のにぎわいをもう一度! 神社の横に出現したタイニーハウスが目指すこと

江戸カルチャーの面影を残す日本橋。かつては、五街道の起点として人と物でにぎわう街として名をはせた。近年は商業施設の開業も相次ぎ、伝統と現代が交差するエリアとして再び注目されている。「BETTARA STAND 日本橋」があるのは、にぎわいをみせる日本橋の“表通り”から少し離れた場所だ。

デッキ広場も含めると面積約150m2、立席で約100名収容できるこのスペースの目的は、食やイベントを通じて街の活気を創出すること。通常は、日本全国のクラフトビールや日本酒をはじめ、冬季は鍋料理などを提供する、開放型バルスタイルのお店として営業。住まい方や働き方、地域活性といった、「暮らし」にまつわるテーマのトークイベントやワークショップ、マルシェなど年間150本ほどの催しが開催されている。【画像1】ちなみに店名の“BETTARA”は、商売繁盛を願い毎年10月19日に行われる「日本橋恵比寿講べったら市」が立つ宝田恵比寿神社に隣接していることから名付けられたという(画像提供/YADOKARI)

【画像1】ちなみに店名の“BETTARA”は、商売繁盛を願い毎年10月19日に行われる「日本橋恵比寿講べったら市」が立つ宝田恵比寿神社に隣接していることから名付けられたという(画像提供/YADOKARI)

足を運んでみると、周辺は日本橋のイメージとは少し異なる、やや閑静なオフィスエリア。人通りもあまり多くはないが、周辺には江戸時代から続く刷毛(はけ)の専門店や、うなぎ専門店などがあり、ところどころに「らしさ」がうかがえる。なぜこの場所に、コミュニティの拠点を置こうと思ったのか。さわださんは次のように話す。

「私たちはこれまで『未来住まい方会議』で、多様な暮らしを支える住まいを紹介してきました。そのなかで、いわゆるタイニーハウス(小さな家)に分類される『INSPIRATION』という家の開発・販売にもこぎつけたんです。このタイニーハウスって、住むだけではなくコミュニティの場としても活用できるんじゃないかと思っていて、ゆくゆくはタイニーハウスをいくつか置いて、“商業施設やホテル、住まいを集めた村”みたいなものをつくりたいよねって話していました。

そんなことをWEBマガジンや書籍を通して伝えてきたこともあり、今回とある大手ディベロッパーがこの辺りの開発を手掛けるということで、駐車場だったこの場所で何かできないかと話がありました。大規模開発をするんじゃなくて、もう少し温度感があるというか、人と人とのつながりとかコミュニケーションを大事にした場を若手に任せたいっていうことで、この『BETTARA STAND 日本橋』を提案したんです」

とくに評価されたと振り返るのは、“動産活用”の提案。建物に見えるものは、すべて移動可能な車輪付きのトレーラーとタイニーハウスで“不動産”ではなく“動産”なのだ。建物をつくり込むのではなく、動産を使ってフレキシブルなスペースが活用できることで空き地やデッドスペースの使い方に、新たな可能性を示した。この空間を通して、YADOKARIが5年にわたり発信してきた“新しい住まいと暮らしのカタチ”を肌で感じることができる。

店舗を飛び出し、街に進出するYADOKARIのコミュニティビルダー

また、ハードだけではなく、ソフトの面でも新しい試みに挑戦している。それは、人と人とをつなぐ“コミュニティビルダー”の存在だ。

「スタッフには、訪れる人とのコミュニケーションを一番大事にしてほしいと伝えています。配膳係やキッチン担当といったポジションにかかわらず、『とにかく話しかけてみて』って。だから皆、接客中なのにお客さんの隣に座って、しゃべっていますよ。

テーブルに一人でいるお客さんがいたら、『今日どちらからいらっしゃったんですか?』とか、好きに話していいよと。そこで話して、楽しい時間だったねって言ってもらえれば全然OKだよって」(ウエスギさん)

コミュニティビルダーのキャラクターもさまざま。店長の熊谷さんは自転車での日本一周や海外周遊経験があったり、メンバーの柴田さんはゲストハウスやシェアハウスの運営経験があったりと、さまざまな国や文化、人種に触れた経験をもつ好奇心旺盛なメンバーを集め、訪れる人と積極的につながることで、リアルなコミュニティの場としての発展を目指すというわけだ。【画像2】BETTARA STAND 日本橋 店長・熊谷さん(左)、コミュニティビルダー・柴田さん(右)。メンバーは10名ほどおり、年間で150本ほどの催しを企画・開催したり、日本橋で活躍する企業・個人に取材インタビューを行ったりと街に積極的に入っていくそうだ(画像提供/YADOKARI)

【画像2】BETTARA STAND 日本橋 店長・熊谷さん(左)、コミュニティビルダー・柴田さん(右)。メンバーは10名ほどおり、年間で150本ほどの催しを企画・開催したり、日本橋で活躍する企業・個人に取材インタビューを行ったりと街に積極的に入っていくそうだ(画像提供/YADOKARI)

「宝田恵比寿神社に参拝しにきた近所のおばあちゃんが、ふらっと立ち寄ってコーヒーでも飲みながら、メンバーと話をしている。一番見たいのはそんな光景ですね」(さわださん)

とはいえYADOKARIは、地域ではいわゆる“新参者”。日本橋に暮らす人たちは、すんなりと受け入れてくれたのだろうか?

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。