体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ザ グレートロックンロール 関ヶ原2017】氣志團vs10-FEETのアツいリーグ戦が開幕! ももクロ/キュウソ/藤井フミヤ/湘南乃風ら出演の2日目レポート

【ザ グレートロックンロール 関ヶ原2017】氣志團vs10-FEETのアツいリーグ戦が開幕! ももクロ/キュウソ/藤井フミヤ/湘南乃風ら出演の2日目レポート

 前代未聞、フェスとフェスの対戦型フェス【ザ グレートロックンロール 関ヶ原2017】が、千葉・幕張メッセにて2日間にわたり開催。4月16日の【~万博大作戦日本シリーズ~】は、氣志團の呼びかけでジャンルや世代の壁を越えたラインアップが揃う【氣志團万博】と、今年の7月で記念すべき10回目の開催を迎える10-FEET主催の【京都大作戦】の対決。ともに主催者の地元に錦を飾る2つの野外ロック・フェスがそれぞれ『10・リーグ』『氣・リーグ』に分かれ、会場・幕張メッセで“交流戦”を敢行した。

【ザ グレートロックンロール 関ヶ原2017】2日目写真(全69枚)

 先行『10・リーグ』のトップバッターとして登場したのはヤバイTシャツ屋さん。「Tank-top of the world」「ネコ飼いたい」「メロコアバンドのアルバムの3曲目ぐらいによく収録されてる感じの曲」と、初っ端から1番打者に恥じない爆走力でステージを駆け抜けていく。合間には、こやまたくや(Vo/Gt)がももいろクローバーZの自己紹介を丸パクリしたり、ピンク色のシャツを着て“あーりんだよぉ”とモノマネするしばたありぼぼ(Vo/Ba)が「あーりんカラーのシャツ?」と尋ねられると、「あ、これ道重さゆみさんの…」と答えるやり取り、さらには「猛烈の時の握手会行ってました。みんな優しかった…」「みんなももクロの曲で何が好きですか? おれは“BIONIC CHERRY”」「MC長ない?“ももいろパンチ”のイントロぐらい長ない?」といったこやまのモノノフ発言など、対戦相手のファンも取り込むMCトークを展開。最新曲「ヤバみ」もお披露目し、ラストは代表曲「あつまれ!パーティーピーポー」をもってステージの締めくくりとした。

 対する『氣・リーグ』トップバッター・ももいろクローバーZのステージは、overtureが流れるなか、口ひげを付けた高城れにが岩のオブジェにサイリウムを刺すシーンからスタート。そのまま「CONTRADICTION」でライブの口火を勢いよく切り、「武陵桃源なかよし物語」「DECORATION」、そして氣志團から貰ったというカヴァー曲「Secret Love Story」をパフォーマンス。しかし、最後の「走れ!」のラスサビに入るところで音がストップ。岩に刺さったサイリウムが“織田信長が残した絶対に勝つことができるサイリウム”だと説明し、引き抜くには“ちょっとおバカで”“清らかな心を持っていて”“ボーイッシュな胸を持っている”ことが条件だと話す有安杏果。メンバー4人が引き抜くことに失敗し、満を持して順番が回ってきたリーダー・百田夏菜子が見事サイリウムを引き抜き、曲が再開するというファンにとってはもはやお馴染み、ももクロならではのバラエティ性高いステージで観客の心を鷲掴みにした。

 『10・リーグ』次鋒はROTTENGRAFFTY。10-FEETとは同郷で【京都大作戦】にも幾度となく出演してきた盟友ともいえる存在。「STAY REAL」「So…Start」「D.A.N.C.E.」と、転調やブレイクダウンによる複雑な曲展開とメタルコア、ハードコア、エレクトロ、ミクスチャー、ポップスまでを飲み込んだハイエナジーなサウンドを放ちながら、「お前ら音楽は好きか!? その好きな気持ちを声に変えろ!」と、様々な客層入り混じるフロアに真正面から食って掛かっていく。未発表の新曲も披露されたステージは、17年間のキャリアを経てたどり着いた国内最強のライブバンドであることを感じさせるには十分なものだった。

 ヤンキー怖いでお馴染み、ゆとり世代の代表としてステージに立ったキュウソネコカミ。1曲目「ビビった」でライブをスタートさせたかと思えば、後半では氣志團に教わったという「有名曲をアレンジして自分のものにする」というテクニックをあろうことか伝授してくれた本人に食らわせるべく、「ビビった(ワンナイトカーニバル Ver.)」を披露。そして、「DQNなりたい、40代で死にたい」の間奏では、人の上を「10歩、すなわち10feet歩いたらおれは10-FEETになる」と意気込むヤマサキセイヤ(Vo/Gt)が大観衆に見守られながらなんとか10feet歩き、そのまま10-FEETの「RIVER」をカヴァーするなど、終始キュウソネコカミの世界観で観客の目を離さないパフォーマンスを展開した。

 続いて登場したのは、過去に10-FEETと楽曲でもコラボしてきた東京スカパラダイスオーケストラ。ステージにズラリと並んだ9人の男たちが「Paradice Has No Border」「DOWN BEAT STOMP」と愉快なスカ・アンサンブルを奏で始めれば、フロアの観客はステップを踏まずにはいられない様子だ。「hammer ska」「閃光」「Samurai Dreamers」では10-FEETのTAKUMA(Vo/Gt)もステージに乱入し、時には谷中敦(Baritone sax)とのツイン・ヴォーカルも披露して、バチバチの交流戦の雰囲気に華を添えるようなショーを行った。

 東海地方のご当地ボーイズ・グループとして活躍中のBOYS AND MEN。今年1月には日本武道館での単独公演を開催し、現在は47都道府県ツアーを敢行中。綾小路 翔に「10年、いや50年に一度の逸材」と言わしめる彼らは10人組であるが、今回は水野勝、小林豊、本田剛文、勇翔、吉原雅斗の5人のメンバーに研究生を加えた12人編成での参戦。憧れの存在であり学ランの先輩でもある氣志團が楽曲提供した「GO!!世侍塾GO!!」や、西城秀樹の名曲をボイメンver.として蘇らせた「ヤングマン~B.M.C.A.~」などをパフォーマンスし、ファンはもちろん初見の観客に対しても全力でぶつかっていく。武道館ワンマンを成功させ、今回のような異種格闘技戦においても臆することなくひたむきにステージに挑み続ける彼らが、全国で名を馳せる日はそう遠くないかもしれない。

 この日のラインアップで最もセンセーショナルだったのはやはり藤井フミヤだ。しかもまさかの10-FEETチームでの参加。ちなみに10-FEETメンバーとは一度挨拶を交わしたことがある程度だそうだが、KOUICH(Dr)が大ファンだということもあり今回のオファーに至ったとのこと。チェッカーズ時代の名曲「夜明けのブレス」をいきなり披露して往年のファンたちの涙を誘い、その後も甘い歌声とただそこにいるだけでときめいてしまうような佇まいで観客を魅了していく。ラストはド緊張の面持ちで登場したKOUICHと「TRUE LOVE」をデュエット。ニコニコしながらKOUICHを見守る藤井の姿に器の大きさを見た気がした。

 当初予定されていたRIP SLYMEの出演キャンセルを受け、急遽参戦となったニューロティカ。「日本インディーズ代表ニューロティカだ!」と開口一番叫び、「シェリーは祭りが大好き」「嘘になっちまうぜ」と立て続けに披露する。「絶体絶命ピンチに尻尾を高く上げろ!」では氣志團から綾小路 翔&早乙女 光もステージで盛り上げ役を担い、最後の「チョイスで会おうぜ」ではRIP SLYMEの「楽園ベイベー」を挟み込む粋な演出まで。30年を超えるキャリアの貫禄と衰えぬ熱量が同居するパフォーマンスで、代打の枠に収まらない大きな爪痕を残してステージを去っていった。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。