体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『夜ふかし』の「優しい自販機」へ実際に行った&「厳しい自販機」との闘い

IMG_1670_f

※本記事は写真メインの記事となります。全ての写真が表示されない場合はこちらをクリックしてください

『月曜から夜ふかし』小岩の「優しい自販機」へ行ってみる

スクリーンショット 2017-04-18 20.09.47

マツコ・デラックスさんと村上信五さんがMCを務める人気番組『月曜から夜ふかし』では、心揺れるご当地ネタの特集が見どころの1つだ。その土地のプライドやコンプレックスを刺激しつつ、最終的に見事な対立構造へ導いたり、踏み込み過ぎのナレーションへといざなう展開は実際、クセになる。

そして今回、“虹のかからない町”こと小岩の特集の中で登場したのは「優しい自販機」。小岩を取材中に登場したやや個性的な男性がスタッフをこの自販機の前へと案内したのだ。一体、何が「優しい」のか。

ところで話は変わるが、筆者はそんなに背が高く無い。まぁ、あえて高いか低いかと言われると、ギリギリ低い寄りに入るかもしれない。
ちなみに身長は164cmだ。ただこの前、健康診断に行ったら測定器の調子が良くなかったらしく161cmだった。

IMG_1700_f

話を戻そう。この自販機、本体は非常に高いところにある。そんな低身長かもしれない筆者が、実際に自販機の前に立ってみると一見、手の届かない高さにボタンがそびえている。

IMG_1663_f

しかし、その手前にはきちんと踏み台代わりの段差(やさしさ)が用意されている。

IMG_1690_f IMG_1689_f

この気づかい! やさしさという概念が、重みを伴う実体となって足元に横たわっているのだ。これが、やさしさの形なのだ。これなら低身長の僕でも、最上段のドデカミンを買うことができそうだ。

優しさの塊(ブロック)の上に乗ると……やった! ちゃんと最上段にも手が届いた。ねんがんの『ドデカミン ストロング』をてにいれたぞ!

IMG_1668_f IMG_1672_f IMG_1684_f

しかし、この優しさの塊が無かったら、全く届かない。うん。

IMG_1662_f

「厳しい自販機」と戦う

IMG_1584_f

小岩のこの自販機とは対比的な自販機がある。「厳しい自販機」だ。「厳しい自販機」があるのは、銀座線 京橋の駅から数分の場所だ。近くには銀座湯という銭湯も見える。

IMG_1645_f IMG_1590_f

写真を見てわかる通り、非常に好戦的なたたずまいだ。こちらが低身長だろうと容赦しない構えだ。

IMG_1591_f
1 2次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。