ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【J-WAVE×筑波大学】豪華!音楽とテクノロジーの祭典


J-WAVEでは毎週金曜日(22:00-22:55)に、ベンチャー企業や起業を志すイノベーターを発掘・支援するラジオプログラム「INNOVATION WORLD」をオンエアしている。

今回そのプログラムが番組の枠を超え、筑波大学と共同でイベントを開催。音楽とテクノロジーを融合した全く新しいイベント「J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA 2017」(通称:イノフェス)として6月3日(土)に、「つくばカピオ」に登場する。

このイベント、オープンは10:00、スタートは11:00、そして終わりは20:00という長丁場。それもそのはず、ゲストの顔ぶれや人数が半端なくスゴイのである。

まず出演パフォーマーとして、きゃりーぱみゅぱみゅが登場。しかも、PerfumeやサカナクションのミュージックビデオをはじめOK GOのミュージックビデオも手掛けたクリエイター関和亮氏と、AR三兄弟長男の川田十夢とタッグを組み、3D CGとARを組み合わせたこの日限りのスペシャルLIVEを披露するという。


さらに小室哲哉も参戦。こちらは去年に引き続き、最新テクノロジーとのコラボレーションパフォーマンスを披露!インスタレーションとポップミュージックの見事な融合は必見だ。



その他、ロックバンド、フレデリックがメディアアートクリエイター集団「INT」とコラボしたり、エンタテインメント集団「白A」があっと驚く新作を披露するなど、見応えたっぷりのパフォーマンスが続々登場!


他にも、SNSとリアルで活動するアイドル「わーすた」やJ-WAVE金曜深夜のプログラム「WITH」のナビゲーター武藤将胤など、多方面で活躍中のアーティストが多数集結する。


出演イノベーターとしては、宇宙飛行士 山崎直子氏の登壇が決定!スペシャルカンファレンス「宇宙に行こう!~宇宙のテクノロジーが世界を変える~(仮)」が催される。


テクノロジーの進化と規制緩和により、宇宙が身近な存在になってきた今、我々の生活とビジネスはどう変わってゆくのか…?SFの世界で描かれていた未来の世界を垣間見れる貴重な機会となりそうだ。



また、田原総一朗・堀江貴文両氏による対談企画も開催。これは、昨年超満員になり入場制限となった企画の第二弾で、今回は対談に合わせて背景がインタラクティブに変化する仕掛けもバージョンアップするのだとか。

その他、音楽プロデューサーのVERBAL(バーバル)氏やメディアアーティストの落合陽一氏、C Channel代表(元LINE代表)の森川亮氏、ジャーナリストの津田大介氏をはじめ、そうそうたるメンバーが一堂に会する。

また会場ではおよそ40社のベンチャー企業により、AR・VR・IoTなどを駆使した最新のテクノロジー体験も提供される。メディアアーティスト落合陽一氏がONE OK ROCKとコラボして話題となった「WEARABLE ONE OK ROCK」も体験できるというから楽しみだ。

その他、ドローンの操縦体験や、プログラミング・AR・VRなどのワークショップに参加できるテックカフェの開催など、とにかく盛りだくさんの1日。

料金はV.I.P.チケットが1万3000円、レギュラー・チケットが7000円、ライト・チケットが1000円(税込)[※券種によって入場可能エリアが異なる]。4月15日(土)よりすでに発売中なので、行きたいと思った人はコチラ(http://www.j-wave.co.jp/iwf2017/ticket/)へ今すぐアクセスしてみて!

興味がある人は、この機会にぜひ知的刺激に満ちた「イノフェス」に参加して、脳細胞をフル稼働させてみてはいかが?

イベントの詳細はコチラ(http://www.j-wave.co.jp/iwf2017/)から。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。