ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

インスタで流行りそう! “ぬい撮り”用ぬいぐるみシリーズ『ちょっこりさん』第1弾はディズニーキャラ

思わず外に連れ出したくなる、ぬいぐるみの「ぬい撮り」を手軽にできるシリーズ『ちょっこりさん』が登場! 第1弾として『ディズニーキャラクター/ちょっこりさん』全18種が4月27日から発売します。

※すべての画像が表示されない場合はOtajoからご覧ください
http://otajo.jp/67633[リンク]

「ぬい撮り」のためのぬいぐるみシリーズ!

『ちょっこりさん』は、SNSを中心に人気を集めている、日常の一コマにぬいぐるみを入れて写真を撮る撮影方法「ぬい撮り」を様々なポーズで楽しむことができる新シリーズ。

ぬいぐるみが旅をしたり、食事をしたり、まるで生きているかのような写真を撮ることができるのが魅力で、何気ない生活シーンも可愛らしい写真に!

その「ぬい撮り」を、より楽しめるように工夫を凝らした商品が『ちょっこりさん』なんです。

座らせて、持たせて、引っかけて……いろんなポーズができる!

両手足を揃え行儀よく座る『ちょっこりさん』オリジナルのポーズには3つの仕掛けがあります。

まず、通常のぬいぐるみよりお尻部分の面積を広くして平らにすることで、どこでも“ちょっこり”安定して座るようになっています。

また、両腕は縁に引っかけられるようになっており、“ちょっこり”顔を出すポーズも可能。

そして、両手は繋ぎ合わせてあるためペンなどを持たせることもできるんです。これはすごい! テープなどを使わずに何かを持たせられるのは便利。演出の幅が広がりますね!

飾って楽しむだけでなく、外出先でどこでも“ちょっこり”置いて「ぬい撮り」ができるよう、持ち運びやすい手のひらサイズ。

外出先の気に入った景色や場所、様々なシーンに“ちょっこり”させて、いつもの写真を少し違った思い出深いものにできちゃいますよ。

第1弾は「ディズニー&ディズニー/ピクサーキャラクター」全18種類

『ちょっこりさん』第1弾は大人気ディズニーキャラクターから、なんと全18種類!

複数のキャラクターを集めて撮ることで、写真にさらにストーリー性が生まれ、より生き生きとした「ぬい撮り」を楽しめます。

6月には「マーベル」から4種類、7月には「ピノキオ」「ジミニ―・クリケット」、8月には「アリエル」「ラプンツェル」など、今後もキャラクターが増えていく予定。さらに『ちょっこりさん』として、ディズニーの他にも様々なコンテンツのアイテムを拡大展開していくそうです。どのキャラクターが登場するか楽しみ!

『ちょっこりさん』公式Instagramも開設。早速可愛らしい写真がアップされていいて、見ているだけでも楽しい! 早く手に入れたくなりますね!

また、「ぬい撮り」した写真を投稿し共有できるようにしたり、夏には撮った写真を投稿し、優秀者には豪華プレゼントがあたるキャンペーン「『ちょっこりさん』とおでかけPHOTOコンテスト」などを予定しているとのこと。

『ちょっこりさん』は各1000円(税抜)。まずはどのキャラを揃えますか?

ちょっこりさんスペシャルサイト:
http://www.takaratomy-arts.co.jp/specials/chokkorisan/

(C)Disney
(C)Disney. Based on the “Winnie the Pooh” works by A.A. Milne and E.H. Shepard
(C)Disney/Pixar

nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき