体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【居酒屋さん】な、なんだコレは!? 居酒屋さんの定義を完全に覆される居酒屋さんに行ってみた【まとめ】

f:id:Meshi2_IB:20161106201332j:plain

歓迎会のお店選びに迷っている幹事さんはいませんか?

デートがマンネリで、話が弾まなくなってるカップルはいませんか?

そんなあなたに、メシ通編集部が、とびっきりのお店をご紹介いたしましょう!

今回ご紹介するのは、まるっきりタイプが違う、この3店。

居酒屋さんで本格的ペルシャ料理が食べられたり、居酒屋さんで朝7時から飲めたり、なんと居酒屋さんで学力テストが受けられる!? などなど、どれをとっても個性爆発のお店ばかり。

まずは、新井薬師前のこのお店。

こんな居酒屋さんほかにある? イラン人店主によるペルシャ羊肉料理&達者すぎる日本語トーク。新井薬師前駅「おつかれさん」

f:id:Meshi2_IB:20161106205931j:plain

やってきたのは、西武新宿線で新宿から各駅停車で3駅の新井薬師前駅からすぐの「おつかれさん」という居酒屋さん。

店名や店の外観といい、いかにも下町の居酒屋風だ。

f:id:Meshi2_IB:20161106210421j:plain

中に入っても、カウンターは普通の居酒屋風。しかし絨毯や装飾などがどことなくアラブ風。

f:id:Meshi2_IB:20161106210839j:plain

「ピスタチオどうぞ」そう言ってお通しの小鉢を出してきたのはこのお店の主人。アリーさん。彼は日本に住み始めて23年のイラン人。大半の同胞が祖国へ帰る中、アリーさんは働いて日本に留まり、このお店を開いた。そう、このお店「おつかれさん」は、ペルシャ料理を堪能できる異色の居酒屋さんでもあるのだ。

普通の居酒屋メニューもありつつ、本格的なペルシャ料理も楽しめるお店なのです。

今回は、ペルシャ料理を大フィーチャーで紹介いたしましょう。

f:id:Meshi2_IB:20161106211917j:plain

ジューシーな肉とトマトを焼いたクビデ・カバブ(単品1,500円 ナンorライス付き1,800円)。生タマネギと、これはミント!?

f:id:Meshi2_IB:20161106212308j:plain

アリーさんがカウンターから出てきて、ペラペラの薄いナンを4分の1サイズにして、具を包み、上から塩を振ってくれた。肉汁のジューシーさとトマトのコク、タマネギの辛み、ミントのさわやかさ。これらが渾然一体となった味わいはもう絶品。「こうすると肉汁が垂れないの。肉はお腹が張るからね。トマトとタマネギは消化を助けるし、ミントはお腹の張りと臭いを抑えるの」とアリーさん。

f:id:Meshi2_IB:20161106212503j:plain

こちらは生いちごサワー。甘酸っぱくて飲みやすい。

f:id:Meshi2_IB:20161106212623j:plain

次に注文したのが、レバーとタマネギ炒め(500円)。「このお店のおすすめ料理ですか? 全部ですよ」というアリーさんの言葉に偽りナシ。コクと甘みがきいた逸品だ。

f:id:Meshi2_IB:20161106212725j:plain

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。