体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【現地ルポ】パリの広場で警官隊と中国系デモ隊が衝突 負傷した警官に「歓声」

parismani23

5月7日の第2回大統領選国民投票に向け、荒れに荒れているフランスの政治情勢。2017年は初っ端から警官による黒人青年暴行事件、中国人射殺事件、そして大統領選関連とデモ等を通じて民衆の激しい怒りが噴出する場面が非常によく見られた。何故そこまでフランス人はデモを起こすのか、また何故デモはそこまで荒れるのか。今回、3月下旬にパリで発生した中国人射殺事件に関連する一連のデモについて、現場に遭遇した筆者の視点からその一端をお伝えしたい。

3月26日夜、パリ北東部に住む中国系の移民男性が自宅アパートで通報を受けて来た警官に射殺されるという事件が起きた。通報理由は「揉め事が起きている」というもので、射殺理由は男性が警官に対し「はさみで抵抗した」というとの事だ。
しかし、男性の家族によると男性は「はさみで魚の調理をしていただけ」と主張。双方の意見は大きく食い違った形となった。
これを受け、パリでは中国系移民による大規模なデモが展開される。今年に入ってから黒人男性が警官から暴行を受けるなど、警察に対する不信感が大きいパリでの出来事だけに、多くの注目が集まっていた。

parismani2

4月2日日曜日、筆者がデモの現場となっているレピュブリック広場(Place de la République)に到着した頃には、既に警察が続々と集結し交通を規制を開始していた。しかし、この段階ではまだ目立った衝突は発生しておらず、比較的平和な空気が流れていた。

parismani44

ちなみにこのレピュブリック広場は15分程離れたバスティーユ広場と並んでパリ屈指のデモ発生箇所。中央にはフランスという国家を擬人化したマリアンヌの巨大な像が鎮座しており、側面には近代フランスの象徴的シーンがレリーフでかたどられている。フランス最大で世界最古の通信社、AFP通信によるとこの集会には6000人が参加したという。

parismani40

広場の中央では、中国語とフランス語で「真相 公正 尊厳」とかかれた大きなポスターが至る場所に設置されており、また犠牲者を追悼するロウソクが数多く並べられていた。
また事件の鍵となる「はさみ」も、このレピュブリック広場の至る場所に飾られており、参加者達の間で一種の「シンボル」のようになっていた事が印象的だった。

parismani45

また街路樹など至る所に今回の事件で亡くなったShaoyo Liu氏の写真が掲示。さらに写真の下には「注意。はさみを持っていると警察はあなたを殺します!」というビラが貼られていた。

parismani47

そして経緯は不明だが、続々と広場に集結する抗議デモ参加者達をなだめるかのように、オーケストラが路上ライブを開始。ドヴォルザークなどを演奏し、その美しい音色にひとときの間、物々しい雰囲気の広場に静寂がもたらされたかのようだ。

しかし、そんな事も束の間。どんどん増えるデモ参加者と警察の間で、遂に衝突が始まった。

突然始まった機動隊との衝突

parismani4

レピュブリック広場の北側で、ひときわ大きな抗議活動が行われ始めた。中国系の若者たちが拡声器を使って‘Police assassins!’(警察は暗殺者!)というスローガンを基に、警察の非情さを訴えていた。すると一部のエスカレートした若者が、近くからゴミ箱を持ってきてひっくり返し始めた。

parismani5

道路を挟んで広場と反対側の歩道には、暴徒鎮圧用装備で全身を保護した機動隊が多数睨みを効かせている。

parismani8
1 2次のページ
106の記事一覧をみる
106

記者:

ネット・オタクカルチャー全般に対応。専攻は歴史学。ガジェット通信では生放送業務全般にも従事。1年の1/3は海外。将来の夢は宇宙飛行。

ウェブサイト: http://ktus.hatenablog.com/

TwitterID: @106yoyogi

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。