体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「魅力のない都市」から脱却!? 名古屋に「レゴランド(R)」と「メイカーズ ピア」がオープン

「魅力のない都市」から脱却!? 名古屋に「レゴランド(R)」と「メイカーズ ピア」がオープン 昨年、名古屋市の独自調査により8都市内で「最も魅力がない都市」となり、残念な注目のされ方をした名古屋。そんな名古屋に、2017年4月1日、日本初上陸のテーマパーク「レゴランド(R)・ジャパン」がオープン。7つの異なるエリアでレゴ(R)の世界が体感でき、40を超えるアトラクションやショーが楽しめる。そして「レゴランド(R)・ジャパン」の手前にも、新たに商業施設が開業。3月30日に先行オープンする「メイカーズ ピア」だ。名古屋在住歴13年で、仕事柄東海エリアのレジャースポットを制覇した筆者が、オープンに先駆けて「メイカーズ ピア」を内覧。気になるその内容をご紹介!【画像1】レゴランド(R)・ジャパンは4月1日にグランドオープン。ドラゴンのジェットコースターに乗って王様の城を駆け巡る「ザ・ドラゴン」などが楽しめる※写真はイメージ(写真提供/レゴランド(R)・ジャパン) 【画像1】レゴランド(R)・ジャパンは4月1日にグランドオープン。ドラゴンのジェットコースターに乗って王様の城を駆け巡る「ザ・ドラゴン」などが楽しめる※写真はイメージ(写真提供/レゴランド(R)・ジャパン)【画像2】名古屋駅から「レゴランド(R)・ジャパン」「メイカーズ ピア」の最寄駅となる金城ふ頭(きんじょうふとう)駅まではあおなみ線で1本と、アクセス良好(写真撮影/倉畑桐子) 【画像2】名古屋駅から「レゴランド(R)・ジャパン」「メイカーズ ピア」の最寄駅となる金城ふ頭(きんじょうふとう)駅まではあおなみ線で1本と、アクセス良好(写真撮影/倉畑桐子)【画像3】金城ふ頭(きんじょうふとう)駅から「メイカーズ ピア」の入り口までは屋根付きの連絡通路でつながる(写真撮影/倉畑桐子)

【画像3】金城ふ頭(きんじょうふとう)駅から「メイカーズ ピア」の入り口までは屋根付きの連絡通路でつながる(写真撮影/倉畑桐子)

「メイカーズ ピア」は「レゴランド(R)・ジャパン」の門前町

「レゴランド(R)・ジャパン」がオープンするのは名古屋市港区の金城ふ頭エリア。金城ふ頭駅から徒歩圏内に「リニア・鉄道館」や「ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)」もある。名古屋駅から金城ふ頭駅までは、あおなみ線で24分。3月26日からは2駅をつなぐノンストップ列車が運行し、最速17分で到着できるようになった。車でも名古屋駅から40分以内という距離で、金城ふ頭駅そばに約5000台収容の有料駐車場も整備された。【画像4】金城ふ頭(きんじょうふとう)駅の周辺に、大型レジャー施設と駐車場が集まっている(画像提供/メイカーズ ピア)

【画像4】金城ふ頭(きんじょうふとう)駅の周辺に、大型レジャー施設と駐車場が集まっている(画像提供/メイカーズ ピア)

駅から連絡通路を歩いていくと、「レゴランド(R)・ジャパン」の手前に現れるのが「メイカーズ ピア」だ。名前は「職人の埠頭」という意味。商業施設が並ぶ屋外型ショッピングモールではあるものの、緑が多く広場や噴水、ベンチがあり、公園でショッピングできるようなイメージだ。

「東京の東京ディズニーリゾート、大阪のユニバーサルスタジオジャパンと並ぶテーマパークが、名古屋のレゴランド(R)・ジャパンです。メイカーズ ピアは、言わばその門前町。周辺にホテルも完成すれば、金城ふ頭は国際的なレベルの観光名所となるでしょう」と話すのは、矢作地所と共同でメイカーズ ピアを運営するGCDS社のドクター・ヴィ・ナザンCEO。ナザン氏は、マレーシア政府のテーマパーク開発アドバイザーとして、アジア初のレゴランド(R)誘致を成功させた経験をもつ。

名古屋市がレゴランド(R)を招致したのは、金城ふ頭の開発方針が「モノづくり文化交流拠点構想」であり、レゴ(R)がモノづくりというテーマにマッチしていたから。「だからメイカーズ ピアも、モノづくりというコンセプトを活かしたモールになっています」とナザン氏。職人たちが集まってモノづくりを楽しむというストーリー性があるという。【画像5】「こんな風にくつろいで」と、開店に向けて準備がすすむ「メイカーズ ピア」にある「セントラルパーク」の芝生広場に座るナザン氏。東大に留学し、日系企業に勤めた経験もある日本通(写真撮影/倉畑桐子)

【画像5】「こんな風にくつろいで」と、開店に向けて準備がすすむ「メイカーズ ピア」にある「セントラルパーク」の芝生広場に座るナザン氏。東大に留学し、日系企業に勤めた経験もある日本通(写真撮影/倉畑桐子)

ピクニック気分で散歩できる、モノづくり体験型モール

物販と飲食、モノづくり体験などのエンターテインメントを3本柱とした「メイカーズ・ピア」。エリア内は自然を感じる「Forest Garden(フォレストガーデン)」とにぎやかな印象の「Up town(アップタウン)」、広場や噴水を配した「Central Park(セントラルパーク)」の3つのゾーンで構成される。

●Forest Garden

街の日常から解放され、自然のなかで豊かな時間を楽しめるエリア

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。