ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

iPhoneに話しかけるだけで映像にキャプションが入る!Apple純正のビデオアプリ「Clips」、来月リリースへ

fullsizeoutput_26b1スマホのカメラ性能が近年飛躍的に上がり、写真はもちろんビデオ撮影もスマホで済ます人が増えた。ただ、ビデオの編集は手間がかかるのがネック。

その難点を解決するiOSアプリ「Clips」がAppleから間もなくリリースされる。なんと、撮影中に話した言葉がキャプションとして映像に入るなど、ビデオ編集が超お手軽になるというものだ。

・キャプションを自動挿入

Appleの動画編集ソフトとしてはiMovieがある。フィルターをかけたり特殊なエフェクトを加えたりしてプロ級のビデオに仕上げられる。Clipsでもそうした編集は可能で、しかもモバイルならではの機能が満載だ。

fullsizeoutput_26b0例えば、Clipsを立ち上げて撮影しながら話しかけるだけでその言葉が自動でキャプションとして映像に入る機能。キャプションのテキストスタイルを選ぶことができるのも気が利いている。

・絵文字も飾れる!

そのほか、映像に絵文字やグラフィックスを入れられるのもモバイルならでは。写真編集アプリのように、被写体を絵文字でデコったり、殺風景な映像をグラフィックスで賑やかにしたりとかなり遊べる。

ちなみに、Clipsではその場で撮影したビデオだけでなくすでにカメラロールに入っている動画も編集できる。

fullsizeoutput_26b3・シェアもワンタップで

そして会心の作品ができたら誰かと共有したくなるのが人の常だが、このアプリではFacebookやTwitter、YouTube、InstagramといったSNSにワンタップでアクセスでき、シェアも簡単だ。

楽しいビデオのやりとりが、ますます身近なものになりそうだ。

Clips/Apple

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy