体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

門前仲町「三幸苑」で町中華史上、前代未聞の“事件”が起きている【えっ寿司!?】

f:id:Meshi2_IB:20170213115814j:plain

町中華をただ食べ歩くというゆるい団体「町中華探検隊」に属しているんだけど、ひとりの隊員から驚きの情報が寄せられた。

なんと、東京・門前仲町にある町中華のお店がメニューに寿司や海鮮丼を出し始めたという。ここ数年、精力的に町中華を食べ歩いてきたつもりだが、そんなお店は聞いたことがない。本当なら、これはもう事件だ。

『メシ通』ディレクターであるムナカタも「町中華探検隊」の隊員なんだけど、この情報に対して即座に反応、「ぜひ真相を確かめてみましょうよ」と誘う。

よっしゃー、行くかぁ。

マジか! バラちらし+餃子

というわけで、東京メトロ東西線の門前仲町駅2番出口を上がったところで待ち合わせ。駅を出てすぐに南方向へ歩き、大横川にかかる巴橋を渡り、2本目の道を左へ。

道すがら、ムナカタが「寿司、おいしかったら取材交渉をしましょう」と言う。「じゃ、まずかったら?」と僕。

「そのまま黙って出てきましょう」と苦笑い。

「なにかサインを決めておこうか」

「そうですね、じゃあ、鼻をさわったら、『おいしい』。耳をさわったら『まずい』ということで」とムナカタ。さて、どうなることやら。

f:id:Meshi2_IB:20170212202751j:plain

おっ、見えてきました、「三幸苑」。

f:id:Meshi2_IB:20170212203031j:plain

ムナカタが「ほら見てください、この貼り紙」と指さす。

海鮮丼、にぎり、さらに「ミニバラちらしと+ぎょうざ」なんてセットメニューがある。やっぱりこんな中華料理店、見たことがない。

とにかく入ってみよう。

時刻は午後2時前なんだけれどけっこう混んでいる。

f:id:Meshi2_IB:20170212203206j:plain

見る限りは、ごく普通の中華料理店だ(お客さんがいなくなったのを見計らって撮影)。

f:id:Meshi2_IB:20170212203303j:plain

とりあえず着席。

ムナカタが注文したのは、「ミニばらちらし+ぎょうざ(1人前)」750円。

f:id:Meshi2_IB:20170212203411j:plain

まずは餃子が到着。

ひとつもらったけれど、かなりおいしい。肉率が高いというか、肉汁じゅわっと口に広がってくるね。

f:id:Meshi2_IB:20170212203652j:plain

ほどなくしてミニばらちらしが運ばれてきた。小ぶりながらこの充実ぶり。

ま、ガッツリ海鮮とまではいかないが、町の中華料理店ではまずお目にかかれないメニューである。

見れば見るほど、仕事の細かさが伝わってくる。

f:id:Meshi2_IB:20170212203749j:plain

そして、スープも到着して、セットメニューが勢ぞろい。

よく見て欲しい、この景色。

普通じゃありえないビジュアルだ。

事件は確かにテーブルの上で起きていた。

f:id:Meshi2_IB:20170212203856j:plain

そして小皿が二つ到着。

f:id:Meshi2_IB:20170212204102j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。