体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

肉! ねぎ! 煮込みにビュッフェ! 大井町の東京シティ競馬のメシ事情が想像を超えている

f:id:Meshi2_Writer:20161222181311j:plain

「競馬場は賭け事をするところ」。そのイメージは今回の取材でひっくり返りました。

東京シティ競馬はレトログルメに加え、競馬観戦をしながら食事を楽しむオシャレなレストランを完備。さらには広い敷地を活かしたグルメイベントを開催しており、もはや馬に興味がなくても、メシのウマさで十分楽しめちゃうのです。

東京シティ競馬の「4号スタンド」が食の楽園

f:id:Meshi2_Writer:20161222181335j:plain

東京シティ競馬にやってきました。東京モノレールの「大井競馬場前駅」、京急線の「立会川駅」から徒歩、もしくはJR「大井町駅」「大森駅」「錦糸町駅」から無料送迎バスが出ています。

この日は夜にかけてレースが開催される「トゥインクルレース」の日。夕方からの取材です。

f:id:Meshi2_Writer:20161222181401j:plain

ゲートを抜けると空間が広がり、その先に馬が走るコースが見えます。

今回取材にうかがうのは写真右手の建物「4号スタンド」です。

f:id:Meshi2_Writer:20161222181415j:plain

電気の色やダクトの感じ……レトロなメシのにおいがする!

約40年前に建てられたこのスタンド、果たしてどんなメシが待っているのでしょうか。

競馬を見ながら食べられるレストランが想定外すぎ!

「まずは4階にあがってみてください」

取材に同行してくれた方の言葉に従い、エレベーターで4階へ。

f:id:Meshi2_IB:20170207170542j:plain

扉が開くとこの光景。え……? 想像と違いすぎる!

ここは東京シティ競馬のレストラン「ダイアモンドターン」 。パッと見、銀座の会員制クラブと言っても過言ではないラグジュアリー感です。

f:id:Meshi2_Writer:20161222181509j:plain

店内はビュッフェ形式。好きなものを選んで食べられます。

この日はシーフードフェアということで「エビとキノコのマカロニグラタン」や「白身魚の香草パン粉焼 ハニーマスタードソース」といったシーフードメニューから「魚介の軽い煮込み ナンチュアソース」といった、なんじゃ? と思わせる食べ物まで用意がありました。

f:id:Meshi2_Writer:20161222181543j:plain

窓際の席からは最後の直線に突っ込んでいく馬の姿を、ばっちり見届けることができます。

座席は写真のようなテーブル席に加え、横並びでレースが見られるカップル席、6〜7人で座れるボックス席、お一人用のカウンター席、一人10,000円の5人ボックス席「コンパートメントルーム」と、すべてあわせると500席を数えます。

f:id:Meshi2_IB:20170208202255g:plain

レースが始まるとみなさん窓の外に目をやり、食事そっちのけで祈りを捧げています。

あまりにも競馬場っぽくないこのレストラン、やっと競馬場の光景を見られて安心しました。

ダイアモンドターンは2017年1月から改装のため3月まで休業となります。ご注意ください。

競馬場グルメ、やっぱ煮込みでしょう!

想定外のメシに驚きましたが、4号スタンド1階には私が待ち焦がれたメシもあります。

f:id:Meshi2_IB:20170207170623j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。